img_4025-1

マウントクック、テカポ旅行記6日目①セアリーターンズ 

セアリーターンズはマウントクックでも急勾配なハードなコース。のろまな私が果たしてバスの出発時間までに戻ってこられるのか。どこにゴールがあるのかさえわからない。苦しい登り坂を時間に急かされながら登る。マウントクックに見守られながら。

※ちなみにセアリーターンズまではレジストレーションは不要でした。


宿のチェックアウト後、荷物を預け、セアリーターンズトラックへ向かう。今日は13:47のテカポ行きのバスに乗る予定。往復3〜4時間かかり、急勾配のハードなセアリーターンズ。やっぱり、時間までに戻ってくるのはギリギリかなー。本当は今日は往復2時間のレッドターンズトラックの予定だったけど、お天気良好。マウントクックが私を呼んでいた。

 

 

バスに乗り遅れるわけにはいかないので、所要時間を記録しながら歩く。タイムリミットは11:00。たとえ山頂にたどり着かなかったとしても、引き返そう。

 

 

7:56ロッジアンドモーテルズを出発。

8:06ハーミテージホテルの出発地点をスタート。

8:20ケアポイントとフッカーバレーの分岐点を通過。

8:40ケアポイントとセアリーターンズの分岐点を通過。セアリーターンズへはここから往復3時間の道のりと書かれている。

 

 

少し歩くと目の前に急勾配の階段が現れる。10段登ったら、もう私ダメ>_<な感じ。取りあえず一歩一歩前へ進む。日差しにやられるといけないので、日傘代わりの雨傘をさして歩く。日陰はほとんどないので、日傘があるだけでかなりラク。

 


このトラックのいいところは、ずっとマウントクックが見えること。(*^_^*)マウントクックに見守られて上へ上へと進む。

 

 

少し登ると湖とマウントクック。さらにもう少し上がると湖が増えてゆき、昨日フッカーバレーの最後にマウントクックの目の前にあった湖まで見えてきた。

 

登りはめちゃくちゃツラく、余計なことを考える余裕さえない。

時間さえあれば頑張れるのに、と思う。

おまけにゴールがどこにあるのかさえわからない。>_<

もし、あとちょっとのところでタイムリミットが訪れたら悲しいでしょ、と自分に言い聞かせる。

行けるとこまで行けば十分じゃないか、と頭をよぎる。そう、何をやっても中途半端な私の人生のようにね 。

しまいには、そうだ!最悪、マウントクックにもう1泊すればいいじゃないか!とまで思った。

 

 

その時、階段にstep by stepと書かれているのが目に入る。可愛い小鳥の絵が描いてあった。魔法の言葉のように急に元気が出てくる^_^

 

上の方はまだ雪が残っていた。

そして、気がつけば目の前にちょうどランチにぴったりなテーブルが現れ、前に続く道がなくなった。果たしてここはゴールなのだろうか。あっけないゴールに自信が持てず、道の奥まで行ってみるがやはり道は続いていない。時刻は10:02。

 

 

ゴールなんてこんなものなのだろうか。人生においても、自分が諦めたほんのすぐ先に、実はゴールがあるのかもしれない。

 

せっかくだから一緒に写真を撮ろうよ!とマウントクックと記念のツーショット写真をパシャパシャ撮る。今回連れてきたキャノンのEOS10はWiFiが内蔵されているので、iPhoneでリモート操作ができるのだ。(*^_^*)

 

 

 

これがセアリーターンなのだろうか?ゴールの池?小湖?には氷が張っている。

 

30分ぐらいマウントクックと一緒に過ごし、下り始める。行きは気がつかなかったが、ミュラーハットとセアリーターンズの分岐点がちゃんとあった。

ミュラーハットの方から降りてきたお兄ちゃんは、上は雪があったけど、こんなジャージ姿で行っちゃったよ;^_^Aと言っていた。笑。

 

 

帰りはサクサク進む。危ないのでもちろん傘はしまい、軍手をはめる。行きに比べサクサク進んではいるが、足がラクなわけではない。下りは下りで足にもかなりの負担が。

 


下からは死にそうな形相の人々が登ってくる。もうすぐゴールだから頑張って!と声をかける。今しがた、誰か私にも言って欲しかった。

 

 

大好きなマウントクックともそろそろお別れ。さみしい。でもね、いつでも一緒だとマウントクックは私に言った。(*^_^*)

 

 

12:20、ハーミテージに到着。時間内に無事戻ることができた。少し時間が余ったので、レッドターンズの入口にある川に向かう。川までの散歩道は小川が流れていて、私のお気に入り。

 

 

靴下を脱いで、川に足をつける。冷たいよー。とゆうか、きれいな川を汚い足で汚すなって!

水がとてもきれいなこの川辺でお昼を食べて過ごす。


そして、最後は大好きなボーウェンブッシュを通って宿に戻る。ぶっちゃけ、マウントクックは大好きな場所ばかりだ。(*^_^*)

 

 

そして、インターシティでテカポ湖に向かう。

 

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ