image

尻焼温泉 関晴館 野天風呂

尻焼温泉 関晴館 野天風呂

今日は尻焼温泉のお話。尻焼温泉って聞いたことある?私は旅先で知り合ったオーストラリア人からこの名前を教わった。
観光協会のHPには“尻焼温泉の魅力は何と言っても「川の湯」と呼ばれ、長笹沢川を堰き止めて作った巨大露天風呂です。温泉名は「尻を焼いた」、つまり、河底から湧き出す湯で温められた石に腰を下ろして、痔を治したことが由来とされています。”と書かれている。
そうなんです、川がお風呂なんです!すごい所です。痔の話は知りませんでしたが^^; へぇー!ですね。笑。

川の湯
早速、川の湯の見学に行きました。ほんとに川の中にありました。水着を着てる家族連れもいて、なんだかみんなで楽しく川遊びをしているようにも見えました。私も湯あみ着とか水着とかもっていればよかったのだけど、たまたま行くことになったので、何もありません。でも、せっかくここまで来たのだから、シャツを着て入っちゃう?!

写真の向こうでみんな入浴中
写真の向こうでみんな入浴中

http://www.nakanojo-kanko.jp/onsen/shiriyaki.shtml

関晴館 野天風呂
とりあえず、関晴館へ。川の湯に入るかどうかはその後決めよう。
立ち寄り湯500円。内風呂が思いがけず、いい雰囲気。のんびり浸かりたいところだけど、でも、目的は野天風呂。

内風呂もいい雰囲気
内風呂もいい雰囲気

野天風呂も男女別。内風呂の外にある階段を裸でカタカタ下りる。川の目の前に小さな露天風呂、ありました!その向こうは緑のお山。ところどころ、花が咲いているのきれい。こんなところで過ごしたかったんだー。こんな大自然の中で温泉に浸かれるなんて、幸せだね。こんな所で裸で過ごしている自分がなんだか不思議だけど。笑。でも、やっぱり気持ちがいい!

野天風呂
野天風呂

 

赤い屋根の辺りが関晴館
赤い屋根の辺りが関晴館

そんなわけで、川の湯には未練もなくなりそのまま退散した。でもね、帰ってから、あそこは星を見ながら入るのがいいんですよって教えてもらった。だから、今度は川の温泉に浸かりながら、満天の星空の下で過ごしてみたい。

http://www.sekiseikan.net/onsen/index.html

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。