image

オランダで乗り継ぎ便に乗り遅れた話

オランダで乗り継ぎ便に乗り遅れた話

今日は飛行機に乗り遅れたお話。ベルリッツに通い始めて3週間。第1章のテーマは旅行。その中で、トランジットで乗り継ぎ便に乗り遅れるという会話があった。うん、うん、あるある。私も1回だけだけど、乗り遅れたことあるよー>_< とつたない英語で当時の様子を語ったのだ。

ドイツの友人に会いに行った時のことだ。成田発の飛行機の中で隣に座っていた女の子と仲良くなった。彼女の行き先はイタリアで、トランジットのオランダでお別れだったのだけど、時間があったので一緒にマクドナルドにでも行こうか、とゆうことになった。トランジットの時間がかなり長かったので、私は全く時間を気にしていなかった。
しばらくして、彼女が私そろそろ行くわと席を立った。じゃあ、私も行こうかなーと後に続いた。

その直後、自分にもほとんど時間が残されていないことを知る。おまけに、人が多くて、搭乗ゲートまでなかなかたどり着かない。それでも、ものすごく頑張って、ぎりぎりセーフの時間に到着した。少なくとも、1分前には到着していた^^;
しかーーーーし、もう飛行機は行っちゃったと言うではないか。まだ、時間前なのにどういうことだと尋ねるが、何度もアナウンスしたとの一点張り。友達がドイツの空港で待ってるんだから、だったら別の飛行機に乗せろと言ってみたが、それもないとの一点張り。結局、友達に電話で連絡してくれ、当時貧乏過ぎた私は空港で一晩過ごすことになった。

オランダの空港はとてもきれいだった。一晩過ごすための、ベッド代わりの椅子を見つけるのも難しくなかった。トイレで歯を磨き、自分の椅子に戻る。それでもやっぱり心配なのが盗難だ。どこから見ても心配無用な状況には見えたけど。椅子が快適なせいか、寝たくなくても眠気が襲ってくる。ウトウトしてはカバンの無事を確かめる。そんな風に夜が明けていった。

翌朝、飛行機に間に合う。しかし、ドイツの空港に友達のお迎えはない>_< 仕方なく、飛行機で隣に座っていたアフリカ系のドイツの学生についてゆく。彼のおかげでバスもただ乗りだった。彼の助けもあって、無事に友達の元にたどり着いた。

さて、ここで、ベルリッツの先生に問いかけた。なぜ、彼女は翌日、お迎えに来てくれなかったのか。最初の日には空港まで来てくれたのに。

先生は当たり前だと言った。そして、もしどうしてもお迎えに来て欲しかったら、こう言ったらいいと教えてくれた。

Could you please, please come pick me up at the airport? と、気持ちを込めてお願いする。
そして、親切にしてもらったらお礼をする。
I buy lunch, or dinner. I buy Japanese chocolate. I babysit…etc….

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ