img_4544-1

群馬前橋 ランチは群馬総社の大村でそばとソースかつ丼を食べる 

前橋T2グランプリの初代グランプリ大村のソースかつ丼。ネットで偶然見つけたおそば屋さんのソースかつ丼だった。(*^_^*) 奥利根の名水が使われたおそばと秘伝のタレがかけられたソースかつ丼。両方食べてお腹いっぱいだー。

万座温泉の帰り道、ネットで吾妻線沿いのそば屋を探す。あった、あった、群馬総社にそば屋を発見。早速、食べログさんをチェック。ん?ん?

 

 

そば屋だよね?なぜかソースかつ丼のコメントばかり。一体どういうことだ?

 

 

群馬総社、位置的には高崎から4駅目。新前橋の次の駅だ。

 

 

とりあえず、行ってみる。お店の前はもう1台車を停めるスペースがなかったので、お店の裏にある駐車場までぐるっと回る。

 

 

お店の前にはたくさんのお花。このお店のトレードマーク?!美味しそうな雰囲気の店構えだ。▼

 


 

店内はお座敷とテーブル席▼

 


 

さて、どうしたものか。温泉に入ったあとだし、そばが食べたい気分。でも、どうやらソースかつ丼で有名なお店でもあるらしい。▼

 

決められないでいる私のところにお母さんがやって来た。おそばと両方食べられるメニューもあるわよ!と。あっ、ほんとだー。

 

 

 

みにかつセット1,060円。かつ2枚のかつ丼とそば又はうどんのセット▼

 


 

レディースセットにはわらびもちもついてくる▼

 

 

最初のセットを注文する。レディースセットにわらびもちがついてくるのを見落としてしまった>_<
そしてこれが「かつ2枚のかつ丼と冷たいおそばとのセット」。かつ丼のいい匂いとともに運ばれてくる(*^_^*) ボリューム満点。1人で食べきれるかな;^_^A ▼

 


 

そしてこっちは「かつ2枚のかつ丼と温かいおそばのセット」▼

 


 

お母さんに聞いてみる。何が特徴なんですか?

 

 

ソースかつ丼。前橋の豚肉料理を競うT1グランプリ。その初代グランプリがなんと、この大村の「おそば屋さんのソースかつ丼」なのだそう。▼

 


ウスターソースを使わない秘伝のタレが特徴。このタレ、大正6年から受け継がれているらしい。このお店のおそばのつゆをベースにかえしを加えて作られているのだとか。へぇーー。

お肉は群馬産の柔らかいヒレ肉と書かれている。ソースがしみ込むように粗めのパン粉でふっくら。▼

 


 

冷たいおそば。細くてこしのあるおそば。このおそばの喉ごしの良さの決め手は冷たいお水だと言っていた。食べてみると解説通りのおそばだった。冷たくておいしい(*^_^*)▼

 


 

おつゆはかつおぶしの香り。▼

 


そば湯はどちらかというとあっさり透明。どろどろした感じはない。▼

 

ボリューム満点。これ、みに丼じゃないでしょと思ってしまう。おそばもしっかり一人前。これで1,060円って安いよね。

 

 【大村うどんそば店総社店 食べログ】

 

 

【関連記事】 

 

 

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。