image

ホタルと妖精さん 幻想的の意味を知る

ホタルと妖精さん 幻想的の意味を知る

今日はホタルを見に行ったお話。今日は夜、ホタルを見に行った。本当はホタルの鑑賞会の時間があるのだけど、着いたのが遅かったので、鑑賞会には間に合わなかった。だから私が着いた時、その場所にはもう誰もいなかった。

ホタルを見るために、歩いて川辺まで下る。足元は小さな灯りで照らされていた。一歩ずつ、一歩ずつ転ばぬように。
川辺に近づくにつれて、灯りが減ってゆく。夜の森へと足を踏み入れる。
耳を澄ませば川のせせらぎ。さっきまで、暗がりで転ばぬようにと気を張っていたせいか、全く耳に入らなかった。
虫の音が私たちを夜の世界へと引き込んでゆく。 夜の森特有の世界へと。
しばし、暗闇に目を慣らす。
今は暗くてよく見えないけど、本当は滝があって、そこから小さな川が流れている。川には橋がかけられ、橋から川の辺りにホタルを探す。
あっ、いた!
ホタルがいた。よく、「幻想的」だと表現されるけど、そこまでたくさんはいない。1匹見つけて、また次を探す。
あっ、いた!
ホタルが私達の真横を飛んでゆく。自分のこんなに近くをホタルが!意外と感動的。
あっ、いた!妖精さんがいた!いえ、いえ、ホタルです^^; もちろん、頭ではそれがホタルだとわかってはいるけど、なぜかホタルが妖精さんに見える。驚きと興奮。あっ!の声が1オクターブあがり、腰がほんのちょっと後ずさる。

コトバンクによれば、「幻想的」とは

〝現実から離れて、まぼろしの世界を夢見ているようなさま。〝

まさに、そのままではないか!ホタルを見た時は「幻想的」だとは思わなかった。「ホタルは幻想的」。その言葉から連想した世界と大きく違っていたから。
けれど、暗闇の中でホタルが創り出す不思議な世界を体験し、それをブログに綴りながら、「幻想的」という言葉の意味を初めて知った私であった。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ