img_5001-1

だいくらスキー場-福島県会津高原

だいくらスキー場。練習バーン嫌いの私だけど、ここなら1週間ぐらい練習してもいいかも(*^_^*)と思えるバーンに出会えたよ!

 

朝5時半に起きて、栃木を出発。

いやいや、車に雪が積もっていて、そんなに簡単には出発出来なかった;^_^A

ガチガチの雪をどうにかはがしてようやく出発!

 

 

何度か通ったことのある見覚えのある道を走り、そして、栃木から福島へ。

夜明け前、夜の暗闇を三日月が薄っすらと照らす。

目の前に現れた、トンネル。

木に雪が積もった真っ白なトンネルを走り抜ける。

なんて美しいのだろう。

三日月の月明かりの中を続くトンネル。このままフェアリーテールの世界に飛び込んでしまいそうだ。

 

 

やがて夜が明ける。そこに広がる絵本の世界。

屋根の上にどっさり積もった雪。

ほのぼのとした田舎の風景。

川の上にも雪が。普段目にすることのない光景。

 

 

2時間くらい車を走らせただろうか。

目的地のスキー場に到着。

会津高原 だいくらスキー場。

 

 

ここはどこ?

という感じだけど。笑。

HPをみたところ、電車だと、

 

 

東京→宇都宮→郡山→会津若松→会津田島

 

 

会津田島からは路線バスで30分ばかりのところに位置しているようだ。

 

だいくらスキー場 ゲレンデマップ 


第1ロッジでリフト券を買ったあと、目の前の中央リフトに乗り、中央ゲレンデを滑り降りる。そして駒止ペアリフトへ。

 

 

駒止ゲレンデは滑走距離1,000m、最大斜度28度。この週末はここで技術選が行われていた。練習バーンが大嫌いな私ではあるが、この広く長いバーンには大満足(*^_^*) 技術選が終わり解放されたコースを私も気持ちよく大回り。ボーダーが少しいたけど、それでも、こんなに気兼ねなしで大回りできるなんて幸せ(*^_^*)

 

 

センターハウス前の春木沢トリプルリフトはフード付き。駒止ペアリフトとはだいぶ離れているように思えるけど、駒止ゲレンデの上の方にも出られる不思議な位置関係。どこにでも行ける便利なリフト。

 

 

その奥にある白樺ゲレンデは割と平らなコース。気持ちよくお散歩できる感じがお気に入り。

 

 

駒止ゲレンデの上から。駒止ゲレンデ。その向こうには素晴らしい景色。左手が駒止ペアリフト。▼

 


 

駒止ゲレンデの上から。向こうに見えるのが、フード付きリフトから駒止ゲレンデにやってくる時に滑る斜面。▼

 


 

第1ロッジ前から。右手奥に見えるのが駒止ゲレンデ。▼

 

第1ロッジ前から。左手に見えるのが中央リフト。中央リフトと中央ゲレンデの間にはフリーライドパーク。▼

 

ランチはセンターハウスのマンマミーヤで窯焼きピザを食べる。アンチョビ&ガーリック。塩っぱい味が美味しく感じる。ひとりで1枚、ぺろりとたいらげた。ひとりでよかった。笑。

 


 

マンマミーヤの窯焼きピザはマルゲリータや森のきのこピザも。「焼きりんご」美味しそうだよなー>_<「だいちゃんパンケーキ」も記念に食べたかったー。

 

 

マンマミーヤ

 

 

センターハウスカフェテリア

牛乳屋の〜シリーズが気になりますね。

 

 

 

第1ロッジ食堂

やはり会津ソースカツ丼でしょうか。会津名物カレー焼きそばとかありますね。会津名物のオススメのポスターが貼ってあったので参考に!個人的には次に行った時には「会津地鶏の卵かけセット」を食べたい(*^_^*)

 

 

会津高原 だいくらスキー場 HP ▼

 

 

 

リゾートイン台鞍 HP ▼

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。