image

森林セラピー3 山北の暮らしに癒される

森林セラピー3 山北の暮らしに癒される
今日も森林セラピーのお話。今日は蚊に襲われた続きから。山道を下ってゆくと、「酒水の滝」と「富士山展望」の分かれ道に出る。ここが地図上で「分岐路」と呼ばれるポイントであることを覚えておくと良い。もし、このあと酒水の滝に行ったとして、その後、富士山展望を通って帰るとしたら、このポイントまで戻ることになるから。

分岐点を過ぎると意外とあっけなく森林散策が終わってしまう。ここから先は山北の人々の生活を垣間見ながらの散策。
坂の途中、紫陽花に囲まれたお庭を発見。ニワトリさんがお庭をうろうろしている。朝はニワトリの鳴き声で目を覚まし、毎朝産みたてのたまごが食卓に並ぶのだろうか。そして、お庭の紫陽花を眺めて朝ごはん。素敵!
しばらくすると100円の文字が目に入る。箱の中を覗きにいくと、夏みかんぐらいの大きなみかんが入っていた。こうゆう直売所、いくつかあったから、100円玉を持っていかないとだね。自分で育てたお野菜だったり、直売所のお野菜だったり。採りたての旬なお野菜や果物って、やっぱり美味しいよね。美味しいだけじゃなくて、ほんといい香りがするんだ!

百合のお花畑もあったよ。こんなカラフルな百合畑、初めて見た!

山北町 森林セラピー

少し歩くと、おばあちゃんたちがおしゃべりしている。エプロン姿のおばあちゃん、お花畑がほんと似合うんだ。写真好きな人が撮ったら、きっととても素敵な作品になったと思う。ちょっぴり日本のターシャテューダーみたいな感じ^ ^

 

さらに少し歩くと川が流れていた。酒匂川と書いて、さかわ川と読むらしい。鮎釣りができるようだ。 直売所できゅうりを買って川で冷やして食べたら美味しそう。

山北町 森林セラピー

道端に梅ぐらいの小さな実が転がっていたので、ひとつ拾う。さすがに食べるのはムリだけど、匂いを嗅いでみると、桃の香りがした。こんなに小さな桃があるんだ。いい香りなので、旅のお供に連れてゆく。それにしてもいい香りじゃー。香りを嗅ぎながら歩いていると間違えてたべちゃいそうだ。笑。

山があって、川があって、畑があって。こんな場所で暮らすって、どんななんだだろうね。

次回はいよいよ酒水の滝へ!

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ