img_5176-1

アサマ2000 標高2000mのパノラマビューと温泉こまくさの湯-スキー日記

アサマ2000で滑ったあとは高峰高原ホテルのこまくさの湯へ。標高2000mのパノラマビューは圧巻。温泉で冷え切った体を温める幸せなひととき(*^_^*)

 

週末はアサマ2000でスキー。長野県小諸市にあるスキー場。この週末はほかのスキー場も寒かったのだろうけど、標高2,000mのこのスキー場、めちゃくちゃ寒かった>_<

 

 

Max着込んだつもりだったけど、それでも寒かった>_<。いつもの姿に、下はシャカパンを追加。上はユニクロのライトダウンにカッパ。カイロは大きいのを背中に1枚、両手の甲に小さいのを1枚ずつ。

 

 

鏡に映った私は「これ私なの?」なデブ状態だったけど笑、それでも、あまりの寒さに耐えられず、ストーブのある小屋に避難を強いられる。上着の内側に入れていたiPhoneも相当寒かったらしく充電が2%まで落ちていた。笑。

 

 

そんな1日を過ごし、冷えきった体で立ち寄ったのが高峰高原ホテルのこまくさの湯。行きはこの建物を目指して、峠道をぐるぐると上がってきた。

 

 

このホテル、とても見晴らしのいい場所に建っている。昔、車をとめて写真を撮ったことがある。それぐらい見晴らしがいい。▼

 


車をとめて建物の中へ。▼

 


 

中に入って1番に目を奪われたのはやはりスカイラウンジのパノラマビュー。窓がある方がパノラマ感が増すのね。笑。▼

 

窓際には特等席が並んでいる。▼

 


 

地元の採れたてりんごを使った「信州りんごのタルト」。これは美味しいでしょうね(*^_^*) ▼

 


 

そして、受付を済ませ、いよいよ地下1階のこまくさの湯へ。やはり、大浴場もパノラマビュー(*^_^*) でも、窓の外は雪が積もっていて、見晴らしの良さからするとスカイラウンジかなー。

 

 

HPには、冬は八ヶ岳連峰と冬景色、緑の季節には運が良ければ雲海に出会えると書かれている。標高2000mからの景色を楽しみながらのんびりしたい温泉だ。

 

 

源泉36度、良質のナトリウム泉。効能は神経痛、筋肉痛、関節痛。とりあえず、冷え切った体を温める。少しずつ、指のつま先が解凍されてゆく。幸せ(*^_^*)
夕飯前で混んでいるのではないかと心配していたけれど、体が温まった頃にはもう誰もいなくなっていた。

 

 

充電が残り2%だったiPhone も着替え場のコンセントで復活。笑。

 

 

お風呂から上がり、もうひとたび私の目を奪ったのはパノラマビューの窓の外に広がる夜景だった。佐久平地方の夜景。▼

 

よくみると、スカイラウンジの特等席には望遠鏡が置かれていた。▼

 


 

窓から見える山々。▼

 


そろそろ行こうかと、外に出て空を見上げる。夜空には大粒の星が!

 

その後、峠道をぐるぐると下り、下界へ。夕飯は夢庵ですき焼きじゃー (*^_^*)

 

 

アサマ2000パークスキー場 


高峰高原ホテル こまくさの湯 

 

 

 

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。