image

根府川5 星ヶ山 紫陽花の谷の住人

根府川5 星ヶ山 紫陽花の谷の住人

今日も根府川のお話。ケーキセットを食べ終えた私はお店の人に尋ねる。もう、散策路に降りられるようになったのですか?

星ヶ山ロッジには散策路がある。私はこの散策路が大好き。でもね、この前来た時、足長バチが巣を作ってしまったらしく、散策路へは行けなかった。お店の窓の外にもブンブン飛んでいて、それを見ただけで、さすがの私も散策路に行ける気がしなかった。

だめもとでお店の人に尋ねたのだけど、大丈夫ですよとの返答。もし、ハチが寄ってきたら、払い除けたりしないで下さいね。びっくりさせてしまいますから。 ・・・と。
念のため、長袖のシャツを上から着て、捲り上げていたズボンも下ろす。帽子もかぶった。さぁ、行ってみるか!

楽しみにしていた紫陽花、きれいに咲いていた。でも、大好きな紫陽花の小道も今日はちょっと恐る恐る歩く。

根府川 星ヶ山

 

根府川 星ヶ山

いつもなら、奥の方まで散歩するけど、急にハチに遭遇したら大変なので、そのまま橋の方へ。そう、ここは小川が流れているんだよね。素敵でしょ。小川に紫陽花が咲くこの季節が大好き。
根府川 星ヶ山

橋まで歩いて辺りを見渡す。もう大丈夫だろうと帽子を取る。いつものように橋の上に座ってのんびり。少しの間ひとり静かな時間を過ごす。星ヶ山の敷地にひっそり佇む紫陽花の谷。湿った土、水の音、生い茂る緑。小さな小川にかかる小さな橋と小さな小道。今だけ、誰も知らない私だけの秘密の場所になる。自分ひとりがすっぽりおさまりそうな小さな世界が心地いい。

根府川 星ヶ山

 

根府川 星ヶ山

 

根府川 星ヶ山

 

 

しばらくして、iPhoneを握った指にフツーのハチがとまる。こんにちわ。紫陽花の谷の住人さん。こんな素敵な場所をいつも自由きままにあっちに行ったり、こっちに来たり。そんな、君が羨ましいよ。

根府川 星ヶ山

なーんて、もちろん、そんな余裕などなく、帽子を深くかぶり、下を向く。私の周りからなかなか離れない。入念な身体検査。じっと待つ。頼むから刺さないでくれと祈るばかり。もしかしたら、さっき絞ったレモンの香りがまだ指に残っているのかもしれない。

じっと待つことどれぐらいだろう。かなり長い時間が経過した体感ではあるけど、紫陽花の谷時間がゆっくりと流れていただけなのだろうか。ハチが去ったあと、初めての体験に腰が砕けそうになりながら、散策路を引き上げた。指にとまる程の小さな住人さんなのにね。笑^^;。

根府川 星ヶ山

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ