img_5621-1

イルデパン 伝統帆かけ船「ピローグツアー」に参加しました2-ニューカレドニア旅行記

イルデパン島でピローグツアーに参加しました。ピローグを降りた後は最終目的地「ピシーヌナチュレ=天然プール」に向かいます。ジャングルの中をトレッキングしたり、水の中を歩いたり。探検隊の気分で美しい自然を満喫しました。(*^^*)

 

前回のお話はこちらから▼

 

 

 

【ジャングルを抜けて、オロ湾へ】

 

ピローグに揺られウピ湾でのんびり、贅沢なひとときを過ごした後、舟は上陸。キャプテンに別れを告げ、ジャングルの中へ。▼

 


トレッキングしながら、ピシーヌナチュレのあるオロ湾を目指します。ピシーヌナチュレはカラフルなお魚の泳ぐ天然のプールで、イルデパンでも大人気のスポットです。

 

なんと、ピローグを降りたあとはガイドさんがいません。ピローグで航海をともにした仲間たちと、ジャングルの中の一本道を進みます。気分はジャングル探検隊。▼

 

途中、大きなカニさんを発見。ジャングルの中にカニさんが暮らしているなんて。探険の気分を盛り立てます。▼

 

 

 

夜の間に雨が降ったせいか、地面が柔らかいところもあり、マリンシューズを履いて来て良かった。フランス人のみなさんはもちろんビーチサンダル。

 

 

道のところどころに「オロ湾へ」と書かれた標識があり、それを頼りに進みます。基本的には一本道だけど、たまに悩みます。こっちでいいのかなー?と尋ねたところで、この道を初めて歩く人ばかり。みんな、「多分;^_^A 」としか答えようがない状況です。▼

 


細く高く生い茂るパームツリー。日本で歩く森とはまた違った雰囲気。フランス人の男性が夢中になって写真を撮っていました。▼

 

さっきまでひんやりとしていた森の中ですが、溢れんばかりの光がジャングルに降り注いでいます。▼

 


光を通した緑の葉が美しいこと▼

 

カメラ越しのジャングルの世界に夢中になっていたら、みんなに置いていかれて焦りましたが、別のグループの人たちと一緒になりました。▼

img_5617

 

 

そんなこんなで、ジャングルの美しい世界を楽しみながらトレッキングは終了。無事にオロ湾に到着です。▼

【ついにピシーヌナチュレに到着!】

オロ湾の入り口で女性が名簿でみんなの名前を確認しています。通常、ピシーヌナチュレには入場料が必要なのでお金を取られるのかと思い少し焦りました。所持金ゼロだったので。結局お金は取られなかったのできっとツアー代に含まれているのですね。
そして、水の中を歩いてピシーヌナチュレに向かいます。水の中を歩いて移動なんて、自然を体感できる素敵な体験です。水の深さは膝ぐらいまでありました。海なので、その時によって水の深さが変わるみたいです。透き通った水の中をお魚が泳いでいます。▼

 

途中から陸を少し歩きます。不安になっても、とにかく水辺に沿って歩いていればピシーヌナチュレにたどり着きます。▼

 

 

そして、到着。ピローグを降りてから1時間以上歩いたかな。ここが本日の最終目的地「ピシーヌナチュレ=天然プール」です。▼

 


いよいよピシーヌナチュレで初めてのシュノーケリングに挑戦(*^^*) シュノーケリングのお話は次回に。
つづく

 

 【ピローグツアーの情報】

 

 

 《行程》 

 

7:30

宿泊先ナタイワッチの駐車場に集合

ナタイワッチのシャトルバスでサンジョゼ湾に移動

 

8:00

サンジョゼ湾を出発

1時間半から2時間ぐらいかけてウピ湾を遊覧

 

舟を降りてジャングルを散歩。オロ湾に向かう。

所要時間45分ぐらい

 

10:30-11:00頃

オロ湾に到着

 

そのまま歩いてピシーヌナチュレに向かう。

 

自由時間

 

15:00

駐車場に集合

* メリディアンの橋のところから歩いて3分ぐらいのところ

 

 

《予約》  

 

前日、宿泊先ナタイワッチの受付で予約しました。ひとり4,300フラン。支払いは宿で。ランチのサンドイッチも500フランで予約できました。ハムか鶏肉か選べます。当日の朝、サンドイッチを受け取るのを忘れずに!

【イルデパン 旅行記と旅の情報】 

 

 

 

 

【民宿ナタイワッチ Nataiwatch HP】 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ