三島駅 立ち食いそば

伊豆長岡 伊豆長岡への道のり-三島駅で乗り換える

伊豆長岡 伊豆長岡への道のり-三島駅で乗り換える

今日は伊豆長岡に行ったお話。ちなみに、伊豆長岡があるのは中伊豆で、伊豆の中でも修善寺があるエリア。

待ち合わせは土曜日の夕方。東海道線の熱海行きに乗り込む。小田原から熱海までは5駅、約25分。熱海で乗り換え、三島までは2駅、約10分。三島で伊豆箱根鉄道の修善寺行きに再び乗り換え、そこから8駅、約20分の道のりだ。

熱海行きの東海道線。小田原を出て、海沿いを走る。根府川駅の辺りで車内アナウンスが流れる。「根府川駅周辺、強風のため減速運転しています。」

根府川駅は立地のせいなのか、風が強いと電車がよく止まる。まあ、仕方がない。

根府川を過ぎ、3分の遅れだとアナウンスが流れる。熱海での乗り換え時間が3分なので、間に合うのか微妙なところ。

熱海に到着。乗り換えは向かいのホームだった。まだ、間に合うかも!と思ったが、ヤケに車両の短い列車で、1番前に乗っていた私達は猛ダッシュを強いられる。

それでもなんとかクリアして、三島駅に向かう。三島駅での乗り換え時間は15分強。切符の精算とか考えるとギリギリの時間ではあるが、どうにかなるだろうとJRの改札を出たところにあった立ち食いそば屋に入る。
立ち食いそばは私達の旅の楽しみのひとつでもあり、お腹がすいているのに、立ち食いそば屋のない駅では逆に相当なショックを受ける。
名古屋きしめんを頼む。立ち食いそば屋できしめんを見たのは初めてだった。
きしめんの上に甘い油揚げと、かつお節がどっさり乗っていた。
名古屋のきしめんにはかつお節が乗っているのか。熱いのでフウフウしながら、ツルツルいただく。

三島駅 立ち食いそば

最初に平らげた私は、先に行って切符を買っておくよ!と勢いよく店を出る。右だと言われたが、右にはお店があった。左と右を間違えたのか!と思い直し、左にある切符売場へ。いくら探しても、伊豆長岡の文字が見つからない。仕方ないので1番安い切符を買って、改札へ。少し不安になって駅員に尋ねると、伊豆長岡行きの電車は駅を出て右に行ったところにあるので、みどりの窓口で返金してもらうように言われる。

みどりの窓口で急いでくれと頼んだが、若い兄ちゃん、機械と格闘してモタモタ、モタモタ。私のこの手のひらに380円を握らせてくれれば済む話なのに。

その後、駅を右に出て、伊豆箱根鉄道の改札へ。こうゆうことだったのだ。時計は出発時刻を指していたが、ホームには電車が見える。急げば間に合うかも!と1番安い運賃の切符を買って、猛ダッシュ。どうにか、間に合った。あー、良かった!

が、気がつけば、一向に電車が動き出す気配がない。もしや?!

どうやら、猛ダッシュして飛び乗った電車は20分後の次の電車だったらしい>_<

笑い話のような話ではあるが、相棒は激怒中。それもそのはず、20時から始まる予定の、楽しみにしていた花火大会に間に合わなくなっちゃったのだから。悲劇ーーーーッ。

m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

まぁ、こんな時間も旅のいい思い出だ! とゆうことで、許してくれ(^_−)−☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ