img_6689-2

イルデパン スナックKohu-バオ村のランチは計画的に!-レンタサイクルでバオ村観光-ニューカレドニア旅行記

バオ村のスナック「KOHU」。ピザやクロックムッシュ、コーヒーなど軽めの食事が楽しめる飲食店。雰囲気が素敵なお店だったけど、のんびり観光し過ぎて、営業時間に間に合わなかった。もっと計画的に行動すべきだったと大後悔>_<

 

 

レンタサイクルでバオ村へ。前回、魔除けの木彫りが囲む「サンモーリスの記念碑」を訪れた話はこちら。▼

 

 

 

 

サンモーリス湾の観光を終え、ランチに向かう。

 

 

 

 

ランチは「スナックKohu」へ。と言いたいところだが、結論から言うと、ランチの時間に間に合わなかった;^_^A

 

 

なぜなら、

 

 

1) バオ村までの海の見える景色が素敵で、何度も自転車を止めて写真撮影をしてしまった。

2) バオ村の教会のステンドグラスから差し込む光が美しくて、教会でのんびりし過ぎてしまった。

3) 自転車の鍵が壊れるというハプニングに見舞われた。

4)  教会からサンモーリス湾への標識を見落として迷子になった。

 

 

 

今思えば、おそらく、この時点でお店はもう閉まっていたことだろう。

 

 

更にこの後、さんざん道に迷い、「スナックKohu」にようやくたどり着く。時刻は15時を回っていた。

 

 

 【バオ村の軽食屋さん「SNACK KOHU」】

 

「SNACK KOHU」。この看板を見てようやくたどり着いたのだとわかる。飲食店と言っても日本の飲食店とは見た目が大きく違うのだ。▼

 

そして、すぐさま、その下の赤い看板の「FERME(=閉店)」の文字が目に入る>_< ▼

 

 

いやいや、今からでも頼めば何か作ってもらえるかもしれない。甘い考えではあるが、少し開いていた門のすき間から中に入る。

 

 

「SNACK Kohu」。ガイドブックからはどんな場所なのかイマイチわからず、興味津々だった。実際に行ってみたら、お家のお庭のようなこんな場所だった。▼

 

ガイドブックには確かこの建物の写真が載っていた。まさか、こんな景観の中にあるとは想像できなかったけど。▼

 

テーブルは他にもいくつかあった。お昼時は賑わっていたのだろうか。▼

 

貝殻のオブジェが飾られ、デコレーションが島っぽくて素敵だ。▼

 


 

サンモーリス湾でたくさん見た「木彫り」がここにも。▼

 

 

 

 

 

「すみませーん」

 

 

とノックをしながら大きな声で呼んでみたけど、誰も出てこなかった。

 

 

もしかしたらという希望の光が絶たれ、泣く泣くあきらめ、退散する。このお店の雰囲気がとても気に入った私は、ここでランチが食べられずどんよりしてしまった。なぜ、もっと計画的に行動しなかったのかと悔いるばかりだ>_<

 

 

 

【SNACK KOHUの情報】

「スナック」でランチと言うと、「スナック」という言葉にどこか違和感を覚える。実際に食事はできなかったが、ガイドブックやネットの情報によれば、「スナックKOHU」はピザやクロックムッシュを食べたり、コーヒーやミルクシェイクを飲んだりできる場所らしい。どちらかというと、軽食喫茶とかカフェに近いイメージなのだろうか。

 

 

イルデパン島のレストランでの昼食は一般的に高め。手頃な値段でランチが楽しめる「スナック」はその点で利用しやすい。

 

 

営業時間に関しては宿で確認してから行った方がいい。

 

 

場所は教会を背にした時、教会の前の道路より、一本左上の道路沿い

 

グーグルマップ。教会からSnack Kohuへ。▼

 

 

 

 

スナックKOHUをあとにし、バオ村観光の最後、サンジョゼフビーチに向かう。

 

つづく
   【イルデパン 旅行記と旅の情報】 

 

 

 

 

【民宿ナタイワッチ Nataiwatch HP】 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ