img_6359-1

クニエスクーバセンター イルデパンで体験ダイビング-私息ができない>_<-ニューカレドニア旅行記

イルデパンで初めてシュノーケリングを体験。足がつかない所は怖くて行けないレベルの私だったが、なんと体験ダイビングに参加することを決意した。もちろん海の中に潜るのも初めて。深い深い海の中で泳ぐことに対する恐怖心。美しい海の中の世界を覗いてみたいという好奇心。勇気を出して体験ダイビングに挑戦してみた。

 

 

 

 

もともと、スキューバダイビングは「イルデパンでやりたいことリスト」の中には入っていなかった。ライセンスを持った人の遊びなのかなって思っていたし。でも、イルデパンでシュノーケリングを体験し、海の中の世界が身近に感じられてきたのかもしれない。初めての人でも参加できる「体験ダイビング」に惹かれ始めた。

 

 

こうして体験ダイビングに興味を持った私は、クニエスクーバセンターにメールでコンタクトを取る。
 

【クニエスクーバセンター。メールで体験ダイビングの予約、日本語で返信が来た】

クニエスクーバセンターに自分で予約メールを送る。日本人のスタッフさんがいて、日本語で返信が来た。日中はスタッフ全員が海に出ているらしく、クニエスクーバセンターからの返信は夕方になる
 

メールには、

 
・朝7:45に宿泊先のナタイワッチまで迎えに来てくれること

水着着用でタオルを持参すること

・支払いは当日、現金またはクレジットカード払いが可能なこと

 

が書かれていた。

 

 

【クニエスクーバセンターへ】

 

当日、朝7:45にナタイワッチのレセプションで迎えを待つ。他の宿の参加者もピックアップしていたらしく、予定時刻をだいぶ過ぎて、迎えの車がナタイワッチに到着。みんなでクニエスクーバセンターに向かう。

 

 

【初めてのウェットスーツ。ウェットスーツに着替える】

 

受付を済ませ、ダイビング用のウェットスーツを選んでもらう。着替えは外で。皆の前でビキニ姿にならなければならないのが恥ずかしいが、こういうものなのだろう。一応、ラッシュガードも持っていったけど、ウェットスーツの下には、ラッシュガードは着ないようだ。

【日本語でダイビングの講義を受ける】

着替えを終えた後、他の皆は出かけて行ったが、体験ダイビングの私はそのまま講義を受ける。日本人スタッフさんによる日本語での講義。海の中でのコミュニケーションの取り方や、耳抜きのやり方、やってはいけないことなどを教わる。命に関わる大事なお話なので、日本語で良かったと心から思う。

 

 

【出発。ダイビングポイントにボートで移動】

講義のあとは急いで皆が待つボートへ。いよいよ出発。この日は少し風があったせいかボートもかなり揺れている。酔い止め代わりに梅味のキャンディーを持って来ればよかった>_< イルデパンに来てから、船酔いすることもなかったので、気を抜いてしまった。

 


 

そして、ダイビングポイントに到着。地図を見ながら、ポイントの説明が始まる。私は地図を覗いてもよくわからず、そのまま座って待つ。

 

 

【地平線にかかる虹】

 

 

すると、虹が!地平線に低くかかる太い虹が見えた。虹を見た場所はまた訪れることができるらしい。また、いつか戻って来られるのかなー、イルデパン。

 

【酸素ボンベを背負い海の中へ】

酸素ボンベを背負って、マスクを装着。いよいよ海の中へ。下で受けとめるからと言われ、後ろ向きのまま海へと倒れ込む。このシーン、テレビで見たことあるある!怖かったけど、どうにかクリア。無事に海の中へ。しかし、ここからが大変だった。

 

 

【なんと息ができなかった!】

 

 

ロープを伝いながら、海の中へと潜って行く。。。はずであったが、く、く、苦しい>_< 息ができないのだ。ムリ、ムリ、ムリ、ムリ。ジェスチャーで上に上がると伝える。

 

 

海面に戻り、生き返る。うー、苦しかった>_< 呼吸を整え再び海の中へ。やっぱり、く、く、苦しい>_< ジェスチャーで上に上がると伝える。水の中に潜れないなんて、まさかの展開。でも、苦しくて死んじゃうし。

 

 

私にはムリ!と半ば諦めたが、インストラクターさんに再び連れて行かれる。言い方は悪いが無理やり連れて行かれたぐらいの心境だ。笑。でも、3度目の正直?!というやつで、無事、海の中で呼吸をすることを覚えた。

 

 

緊張していたせいもあるのかもしれない。普段、陸で生活している時の浅い呼吸では、海の中では苦しくなってしまうことに気づく。落ち着いて深い呼吸をするようになり、どうにか海の中にいられるようになる。そして、講義で習った耳抜きも難なくクリア。プシューっと音がした。

 

 

 
というわけで、初めての体験ダイビング。いよいよ海の中の世界を訪れます。

 

 

つづく

 

 

 

【クニエスクーバセンター(イルデパン)のHP】 

 

http://www.kuniedive.com

 

 

【イルデパン 旅行記と旅の情報】 

 

 

 

 

【民宿ナタイワッチ Nataiwatch HP】

 

 

 

 

 

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ