img_6474-1

イルデパン島で体験ダイビング 防水カメラ オリンパスのTG-4 Toughを握って海の中へ-ニューカレドニア旅行記

GWにニューカレドニアのイルデパン島で体験ダイビングに参加。海の中って一体どんな場所なのだろう?深い海の中に潜るなんて怖すぎる>_< そんな期待と不安を胸に挑戦した体験ダイビング。水中カメラ(オリンパス TG-4 Tough)を握りしめ、海の中の世界を撮影してきました。

 

イルデパン島で体験ダイビングに参加。最初は海の中で呼吸ができず、2度も海面に引き返しました。笑

 

 


 

 

3度目の正直で、ようやく海の中に潜り込めた私。インストラクターさんに連れられ少しずつ深海へと潜って行く。

 

 

【海の中で最初に目にしたもの】

 

そんな私の目に最初に飛び込んできたもの。黒いお魚の大群だった。

 

お、お、お魚が海の中を舞っているー!なんてところに来てしまったんだ、私。

 

 

▲最初に目にしたのは黒いお魚の大群。この黒いの全部お魚。
 

 

両手でカメラを握りしめ、お魚を追う。ダイビング中は手を使って泳がないように言われていた。カメラを両手でつかんでいると手が使えないので都合がいい。

 

 

【ダイビングって死と向かい合わせ】

 

 

足にはフィンをつけていたが、基本的に自分で泳がなくてもいいとも言われていた。しかし、今日は流れがキツイので最初だけ自分でも少し泳いでねと。

 

 

泳ぐのは得意のつもりだったけど、フィンをつけたのは初めて。思ったように泳げなかった。難しく感じたのはバランスの取り方。

 

 

足を動かそうとすると、体をまっすぐに維持できず、クルッとひっくり返りそうになるのだ。いやいや、そんなことは許されない。ひっくり返って、マスクに水が入りでもしたら、パニックを起こして私、死んじゃうし>_< ダイビングって、なんて死と背中合わせな世界なのだろう。

 

 

 

【浦島太郎の竜宮城の世界】

 

 

 

海の中でカメラを握りしめ、ただ漂っているだけ。笑。インストラクターさんに後ろから誘導されながら私の探検が始まる。そしてそこには「浦島太郎の竜宮城」の世界が広がっていた。

 

 


▲可愛いニモちゃん

 

▲カラフルな珊瑚礁?!

▲何あの青いのー。青いお魚の大群だった。

▲近くで見るとこんな感じ。

 

▲彼らはニモちゃんの親せき?!

 

▲黄色いお魚の群れに遭遇。

 

 


▲黄色い鮫みたいで迫力が!

 

▲なんだか竜宮城が目の前に建っていそうね(*^^*)

 

 

▲青いお魚たち、なんて美しいのだろう。

 

【海の生き物はカラフルなお魚だけじゃなかった】

 

 

きれいなお魚にばかり気を取られていたが、海の中には他にもいろいろ存在していた。

 

 

インストラクターさんに触ってごらんとジェスチャーで言われ触れてみる。触るとヌメヌメするもの、反応して閉じてゆくもの。こんな風に海の中の生き物と触れ合えたこと、貴重な体験。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【無事に生きて帰れた】

 

十二分に海の中の世界を楽しんだところで、「そろそろ上にあがりましょう」とインストラクターさんのジェスチャー。

 

 

最後まで落ち着いて上昇。私、死なずに帰って来られた。>_<

 

 

「20分のはずが40分も潜っちゃったわねー」とインストラクターさん。あとで写真を見て気づいたこと。どうやら同じ場所を2周したらしい。きれいなお魚につられて、私が勝手に2周目に突入してしまったのだろう。

 

 

ボートで待機していたスタッフに引き上げてもらう。楽しかったー!とはしゃぐどころか半ば放心状態の私。呼吸はできたけど、やっぱり苦しかった。でも無事に帰って来られて本当に良かった。

【初めてのダイビングを終えて】

数日前にシュノーケリングデビューを果たしたばかりの私が欲張って体験ダイビングにまで初挑戦。体験ダイビングとはいえ、シュノーケリングとダイビングではスケールが違った。

 
何かあったら私死んじゃうかも>_<って、体験ダイビング中ずっと頭をよぎっていた。でも、群れをなして泳ぐお魚さんたちは私のこと、竜宮城の世界へと連れて行ってくれた。勇気を出してチャレンジして良かった。

 
体験ダイビング、至れり尽くせりだった;^_^A 自分でやらなくてはいけなかったのは、講義で習った耳抜きとジェスチャーぐらい。やってはいけないことはしっかり守って、あとは全部インストラクターさんにお任せだった。

 
通常潜る時ってベストを操作するらしいが、全てインストラクターさんが知らない間にやってくれたようだ。私は本当にカメラを握って漂っているだけだった。

 

ダイビングのインストラクターって素晴らしいお仕事だなって、深い海の中で何度となく思った。だって、海の中でひとりで前に進むことすらできない私が、こんなキレイなお魚さんたちを追いかけているのだもん。海の中の見たこともない生きものたちとこうして触れ合っているのだもん。

 

 

というわけで私の初めてのダイビングの時間はおしまい。このあと、他のみんなは2本目のダイブへ。そして、体験ダイビング参加の私は。。

 

 

つづく

 

 

【カメラはオリンパスのTG-4 Tough をrentiaでレンタルしました】

 

 

今回使った水中カメラはオリンパスのタフTg4。「お魚一匹モード」で撮影しました。レンタルなのでなくさないようにニコンの「フローティングストラップ」を着用。詳しくはこちらで▼
<水中カメラ選び>

 

 

 

 

 

【クニスキューバセンター(イルデパン)のHP】

 

体験ダイビングは水深6mまで。ダイビングの時間はおおよそ20分。潜る回数は1本。2本目はシュノーケリング。
http://www.kuniedive.com

 

 

【イルデパン 旅行記と旅の情報】 

 

 

 

 

【民宿ナタイワッチ Nataiwatch HP】 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ