img_7673

アエロフロート物語2(搭乗記) -機内持ち込み、バゲージラッピングサービス、快適なフライトだった話

初めてのアエロフロート。出発前にロストバゲージや遅延の問題が浮上したが、 結果的にどちらにも直面せず、快適なフライトを過ごすことができた。(*^^*)

 

 

前回のお話はこちら▼

 

 


 

 

まずはロストバゲージ対策として、スーツケースの機内持ち込みを試みた私であったが、重量とサイズがほんの少し制限を超えていた。不安を抱えたまま、成田空港に到着。

【成田空港。機内持ち込みに成功する】

 

 《重さ0.1kgオーバーでどうにかセーフ;^_^A》

成田空港に到着後、アエロフロートのカウンターでチェックイン。スーツケースの重さは10.1kg。10kg以内という制限を0.1kgオーバーしたけど、どうにか通してもらう。

 

《高さ2cmオーバーでどうにかセーフ;^_^A》

そして、高さ(厚み)20cmという制限を2cmぐらい上回る大きさのスーツケース。機内に持ち込めるか心配していたが、スーツケースの大きさについては計測することはなく、目見で通してもらう。(*^^*)

 

 

というわけで、最大の心配事であったスーツケース、預けずに機内に持ち込めることになった。良かった。

 

 

 

 

【成田空港のバゲージラッピングサービス】

今回、スーツケースを機内に持ち込めることになったので利用しなかったが、気になったのでバゲージラッピングサービスを見に行った。

 

▲チェックインと同じフロアにあった。

 

 


▲スーツケースのラッピングの料金は千円。

 

 

 

成田空港バゲージラッピングサービス▼

 

https://www.narita-airport.jp/jp/service/svc_80

 

 

 

【アエロフロート 普通に快適なフライトでした】

 

《赤い制服がとても似合うロシアのキャビンアテンダント(CA)さんたち》

 

アエロフロートのCAさんは赤い制服がとても似合う。その姿はなんとなく、私の中では007に出てきそうなかっこよさ。かっこいいけどとてもフレンドリーだった。

 

 

英語を話せない私の会話は全てジェスチャー。ジェスチャーで返してくれたオーバーリアクションがあまりにキュートで、私の中の007の印象があっという間に崩れていった。笑。

 《ビデオはロシア語、英語、中国語》

 

オーディオの選べる言語はロシア語、英語、中国語。ビデオは基本的に日本語吹き替えや字幕はなかった。日本語のタイトルの映画がリストの最後にあったけど、ロシア語に吹き替えられ、英語の字幕がついていた。;^_^A

 

 

行きの機内で「パイレーツオブカリビア5」とジャッキーチェーンの映画を見た。どちらもエンターテイメント感満載。言葉がわからなくても、笑って楽しめた。(*^^*)

 

 

《機内アナウンスは日本語あり》

東京-モスクワ間の機内のアナウンスには日本語があった。それもアクセントの少ないとても流暢な日本語だった。日本語でのアナウンスは状況がわかってとてもありがたい。

 

 

《機内は寒いという噂だったけど。。。》

機内では羽織ものはあったほうが快適に過ごせる。初めは機内がキンキンに冷えていてフリースを着ていても寒いぐらいだった。途中から温度が上がった。Tシャツ姿の人びとがクレームしたのだろうか。笑。

 

 

 

 

《機内でiPhoneの充電》

 

 

USBケーブルを持っていたので、つないでiPhoneの充電もできた。やっぱり、100%充電されていると旅行の間は心強い。

 

 

《座席はしっかり埋まっていた》

予約時ガラガラに見えた機内の座席もちゃんと埋まっていた。笑。行きはどこかの航空会社と合同の運行だったようだ。

 

 

《トイレも清潔》

 

トイレも清潔だった。CAさんとトイレで何度かすれ違ったので、こまめにトイレをチェックしてくれていたのだろうか(*^^*)

 

《機内食》

 

飲み物や食事のメニューが最初に手渡される日本語もあって、食事の時間までの間にゆっくり選べた。

 

 

ソフトドリンクはりんごジュースとオレンジジュースとトマトジュース。トマトジュースは私好みで、病みつきになる美味しさ。笑。

 

 

東京-モスクワ間の機内食は2回。途中アイスも配られた。

▲メニューに1度だけ知らないカタカナが出てきたけど、お魚の名前だったようだ。笑。照り焼きソースがかかっていて、めちゃくちゃ美味しかった(*^^*)

 

 

 

▲それから、もうひとつ思い出深いのがパンケーキ。メニューに「レモン入りパンケーキ」を見つけた時に絶対食べると決める。しかし、もうひとつのメニューである「お粥」がめちゃくちゃいい匂いを漂わせてやってきた。これは迷うでしょう。(>_<) やっぱりお粥にしようと決めたその時、隣のお兄さんが「パンケーキ」と言った。そして我に帰る。パンケーキという名だったが、日本人の私にはクレープにしか見えなかった。笑。もちろん、クレープ大好き。
食後にコーヒー、紅茶がまわってくる。最初の頃は食後の紅茶という感じだった。途中からお紅茶はデザートのケーキと一緒にいただいた方が美味しいのでは?と思い始める。映画を見ながらのんびりお食事、すると食べ終わった頃にお茶がやって来て、ケーキとお紅茶で優雅なひとときを過ごす、そんな楽しみ方。笑。
 

《夜中に喉が乾いたら》

 

帰りの飛行機では夜中に喉が渇き、機内の一番後ろまで飲み物をもらいに。お水やジュースが用意されていた。

 

・・・というわけで、いたって普通ではあるが快適なフライトだった(*^^*)

 

 

【アエロフロートの遅延】

最後に、もうひとつの心配事「遅延」については、時間通り、無事にイタリアに到着。行きは遅延とは無縁だった。帰りはイタリア発が少し遅れていたけど、このぐらいの遅延は他の航空会社でもありそうだ。

 

 

【まとめ】  
アエロフロート。「ロストバゲージ」や「遅延」という気になる口コミが浮上したけど、その2点を除けば、とても快適なフライトだった。

 

 

ロストバゲージについては体験せずに済んだので、実際どんなものなのかは不明。でも、帰りのフライトでも、ラッピングサービスを利用している人たちを見かけた。念には念をということで、預ける場合はこのサービスを利用するのもひとつの手だろう。

 

 

遅延については行きは問題なかった。帰りはモスクワ行きの出発が少し遅れたが、大した遅延ではなかった。

 

 

アエロフロートの特徴のひとつは利用しやすい出発時間ということらしい。確かに行きの便は昼の12:00成田発で前泊する必要もなかった。帰りのイタリア発も11:30発だったのでホテルで朝食を食べてから空港へ向かった。

 

 

次、またアエロフロートを利用するか?と聞かれたら、もちろん!と答えたい気分(*^^*) 他の航空会社と変わらない、いたって普通のフライトだったけど、CAさんの印象が良かった分、満足度も高い感じ。

 

 

 

アエロフロート物語3につづく

 

 

【アエロフロート HP】

https://www.aeroflot.ru/jp-ja

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ