大磯プリンスホテル スパ

大磯プリンスホテル-海を一望できる温泉、スパ施設が誕生-インフィニティプールや岩盤浴も

湘南の大磯プリンスホテルに温泉、スパ施設「THERMAL SPA S.WAVE」が7月に誕生。9月より日帰り利用ができるようになったのでパンフレットをもらいに行ったところ、中を見学させてもらえた。大磯の海の開放感を存分に味わえる施設で、大きな窓のついたサウナからも太平洋の地平線と天気がよければ富士山を一望できる。

 

 

大磯プリンスホテルに到着。右手の建物がスパ棟、左手の建物が客室のある棟。右手のスパ棟へ

 

大磯プリンスホテル スパ

 

大磯プリンスホテル スパ

 

 

 

スパ棟3階でスパ受付

 

スパの受付はスパ棟3階。エレベーターで3階まで上がる。

 

 

エレベーターを降りたところが受付。受付で大きめのビニールバッグに入ったタオルとガウンが渡される。

 

大磯プリンスホテル スパ

 

 

 

3階 大磯温泉 内風呂と露天風呂

 

 

受付を済ませ、受付横のロッカーに脱いだ靴を入れる。そのまま廊下をまっすぐ、左手にまずは男風呂、その先に女風呂が見えてくる。

 

 

お風呂は内風呂と露天風呂露天風呂から海が一望できる。露天風呂の前には外から見えないようになのか柵が設置されていた。

 

大磯プリンスホテル スパ

 

内風呂も露天風呂も、どちらもお湯は大磯温泉を源泉とした温泉。体を温める塩分を含むのだとか。

 

 

4階 スパエリアへ移動

つづいて、4階のスパエリアへ。4階は男女共有エリアなので要水着着用。水着は持参するか、大磯プリンスホテルで購入。貸し出しは行っていないようだ。

 

 

水着の上に受付で借りたガウンを羽織って移動。4階へは階段かエレベーターを使う。エレベーターは乗ったのと反対側の扉が4階で開く。ちなみに4階のエリアには中学生未満は入れない。  

 

4階 スパエリア

大磯プリンスホテル スパ

 

バー

 

 

エレベーターを降りて目の前にバーがある。ちょっとしたドリンクを購入することができる。受付時に渡されるロッカーの番号で管理されているらしく、ツケで購入が可能。お金を持ち歩く必要はない。

 

 

 

 

 

インフィニティプール、フィンランドサウナ、水風呂

 

 

左手へ進む。海を眺めたり、のんびりくつろいだりできるリラグゼーションエリアを過ぎ、インフィニティプールへ向かう。

 

大磯プリンスホテル スパ

 

廊下に荷物を置ける棚があり、受付で配られるビニールバッグに入った荷物が置かれていた。その先にフィンランドサウナと水風呂がつづく。そしてその奥にインフィニティプール。

 

大磯プリンスホテル スパ

 

前にチラシの写真を見て、海と同じ高さの場所にあるのかと思い込んでいたがここは4階。しかし、あたかも海と交わるかのようにプールが広がっていた。

 

大磯プリンスホテル スパ

 

外から浴槽の端が見えない作り。境界線まで水で覆われている。ラッシュガードを着てプールに浮かぶ女性。そのまま落ちてしまうのではないかと、見ている方がハラハラしてしまう。笑。

 

 

インフィニティプールの温度はぬるま湯ぐらいだった。パンフレットには32-38度、季節により変わると書かれている。温泉のように熱くはないが、温水プールより温かい温度に感じた。

 

 

深さは女性の胸ぐらいライフガードさんが常在している。

 

 

 

 

ジェットバス

 

 

インフィニティプール横にはデッキチェアの置かれたテラス。海の見えるこのテラスにはジェットバスも。

 

大磯プリンスホテル スパ

 

 

 

テピダリウム

屋内に戻り、「HEALING」と書かれたサウナルームへ。説明書にはテピダリウムと書かれている。室温35度のアロマの香りが漂う空間だった。ベンチの温度で身体が温まるらしい。

 

大磯プリンスホテル スパ

 

クールバスSNOW

 

 

次に案内されたのは「SNOW」というお部屋。その名の通り上から雪が降り、かき氷のように雪が積もっている。見たことのない光景だ。サウナや岩盤浴で火照った身体をこの雪で冷やすと気持ちいのだとか。

 

大磯プリンスホテル スパ

 

パノラミックサウナ

 

更に奥にサウナがもうひとつ。パノラミックサウナ。ここは絶景。大きな窓から海、真鶴半島、富士山が望める。3人の男性がサウナで目の前に広がる海の開放感を楽しんでいた。4階は男女兼用であることになかなか慣れず、扉を開けて男性を見かけると後ずさりしてしまう ;^_^A

 

 

大磯プリンスホテル スパ

 

 

大磯プリンスホテル スパ

 

岩盤浴

 

岩盤浴もあった。部屋はそれほど広くなく10名の定員。もちろんここも男女兼用。笑。

 

 

 

 

Experience Shower

パンフレットによると、「Experience Shower」という、低温ミスト、冷水滝、温水レイン、冷水クナイプの4種類のシャワーが楽しめる場所がインフィニティプールの近くに。

 

大磯プリンスホテル スパ

 

 

 

 

 

トリートメントルーム

 

最後にエレベーター脇のトリートメントルーム。モロッコ産のアルガンオイルを使ったトリートメントを受けることができる。お値段はそれなりに高い。

 

 

スタンダードプログラムで2万前後。210分の1番高いパッケージはなんと56,000円;^_^A この金額にがく然としている庶民的な私に、スタッフのお姉さんがパーツケアを勧めてくれた。リフレクソロジーなどのメニューもあって、これなら5千円前後。ちなみにトリートメントルームの利用には予約が必要。

0463-61-1111 (6:00-0:00)

 

トリートメントサロンのHP▼
https://www.sulanycspa.com/shonan/
 

スパ利用料金

 

 

さてここで気になる利用料金であるが、いくつかの選択肢がある。

 

 

 

宿泊者の場合

 

宿泊者の場合、宿泊プランにもよると言っていたが、入湯税150円を支払えば、朝の6:00から夜中の0時まで宿泊中は何度でも利用できる。最終受付は23:30。

 

 

 

 

日帰り利用の場合

 

1) 料金はおとな4,500円同じく夜中の0時まで利用できるが、最終受付は17:00。

 

 

2) プリンスクラブの会員になれば3,800円

 

 

3) Spa&Lunch セットで6,000円 要予約

 

客室棟にある「中国料理 滄」のランチとセット。ランチタイムは11:30-14:30

 

中国料理 滄のHP▼
http://m.princehotels.co.jp/oiso/restaurant/chinesesou/

 

4) Spa&Tea セットで6,000円 要予約 

 

スパ棟にあるダイニング「S.Dining」のオーガニックティー付きライトミールとセット。ティータイムは15:00-17:00

 
 S.DiningのHP▼
http://m.princehotels.co.jp/oiso/restaurant/sdining/

 

 

日帰りの場合、再入場ができないので1度スパから出てしまうと原則もう戻れないのだそう。
3)4)の予約は2日前までに。

0463-61-7812 (10:00-20:00)

 

 

 

 

【まとめ】 
4,500円払っても海の目の前で1日のんびりできることを考えれば高くないのかな。岩盤浴もあるし。次回は水着持参で行く予定。でも男女兼用エリアにちょっとばかし戸惑うかも。笑。

ティータイムでゆっくりして帰ってくるのもいいかな(*^^*) 午後ゆっくりして、夕日を眺めて帰ってくるのもいいかも(*^^*)

行くなら、青空の広がる日に行きたい。ブルーの海を眺めながらのんびり過ごす1日。贅沢だなー。

月に1度、デトックスを兼ねて行くのもいいなー。
大磯プリンスホテル スパのHP▼ 


 

http://www.princehotels.co.jp/oiso/spa/

 

大磯プリンスホテル リニューアルのHP▼ 

 

 

http://www.princehotels.co.jp/oiso/2017renewal/
 

 

大磯プリンスホテルのHP▼

http://m.princehotels.co.jp/oiso/

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ