リトリートセンターと体に優しいマクロビごはん 〜ニュージーランドへの道のり4〜

リトリートセンターと体に優しいマクロビごはん 〜ニュージーランドへの道のり4〜

今日も夏休みにニュージーランドに行きたいお話。今日も前回に引き続き、ガイドブックとインターネットを検索して調べたニュージーランドについて紹介したいと思う。

今日のテーマはリトリートセンター。インターネットで調べていたら、ニュージーランドにもリトリートセンターがあることがわかった。その頃、私もかなり疲れていたのかもしれない。リトリートセンターの食事を写真で見て、無性に食べたくなった。体に優しそうなベジタリアンフードだ。イメージは日本でいうマクロビごはん。お野菜はスタッフが育てたもので、飾り付けに食用のお花が飾られている。

朝は小鳥たちの鳴き声で目を覚ます。起きたら、一杯のフレッシュジュース。朝のお散歩。森に出かける。まだ空気が冷たい。深呼吸して、息を吐いたら新鮮な空気をたっぷり吸い込む。

お散歩のあとは、楽しみにしていた朝食。美味っ。

食事のあとは、絶景に出会うために、ハイキングに出かける。滝を見つけたら、石の上に腰かけて小休止。日常生活で溜め込んだ不要なものをクリアな水で洗い流す。体がすっきりしていくのがわかる。

そして、再び、歩き出す。しばらくすると、絶景ポイントに到着。目の前には素晴らし過ぎる景色が広がっている。青い空に、緑の森。遠くに青い海も見える。なんて美しい眺めなのだろう。

もう、お昼が近い。さぁ、帰ってランチだ!

マクロビなランチを食べたあとは、居心地のいい場所を見つけてお昼寝。しばらくして、目が覚める。あー、気持ち良かった!

午後は初めてのラビリンス。裸足になって一歩一歩大切に前に進む。迷路のようで、実は一本道。いつかは必ずゴールにたどり着く。
中心に着いたら、好きなだけそこに佇む。そして、出口に向かう。

ヨガは苦手だからパスして、今日起きたこと、感じたことを書きとめる時間にしよう。おいしい、飲みものをいただきながら。

そして、日が沈むのを見届けたら、待ちに待った夕食だ。

瞑想の時間は部屋から抜け出して、満点の星空の下で過ごすしながら、しばし宇宙とつながる。おやすみなさーい(-_-)zzz

って、リトリートセンターで過ごす1日を想像してみた。想像したら、すでに癒されてしまったのだろうか。今回、リトリートセンターは、私には全く縁がなかった。
リトリートセンターの存在を知り、すぐにメールでコンタクトを取ったのだけど、私の滞在中は個人客は受け入れていないとの返事が届いた。そして、近くの別のリトリートセンターを紹介してくれたのだが、このリトリートセンターからは、何度メールしても、返事が来なかった>_<

マナリトリートセンター

テモアタリトリートセンター

自分が本当にしたいこと 〜ニュージーランドへの道のり〜

オークランドから参加できる現地ツアー 〜ニュージーランドへの道のり2〜

温泉が秘湯過ぎる! 〜ニュージーランドへの道のり3〜

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ