img_8049-1

十津川温泉の公衆浴場「庵の湯」-二津野ダム湖畔の温泉-十津川村旅行記

奈良の秘境「十津川村」へ。今日は十津川村にある十津川温泉の公衆浴場「庵(いおり)の湯」を紹介したいと思います(*^^*)

 

十津川村旅行記の目次▼ 

 

奈良県の近鉄大和八木駅から路線バスで4時間余り。十津川温泉に到着。十津川温泉のバス停で10分間の休憩がありました。

 

 

バス停の前には二津野ダム湖が広がります。ぶらぶらしていると目に入ってきたのが公衆浴場「庵の湯」。

 

ダムの湖畔に佇む庵の湯

ダムの湖畔に佇むその姿に、十津川村滞在中に絶対に立ち寄りたいという思いが募りました(*^^*)

 






 

結局、「庵の湯」に寄れたのは帰る日。帰りのバスに乗る直前の10時のバスを待つ間の30分間でした。

 

 

庵の湯▼

 

温泉へは長めの渡り階段を下ります。▼

 


 

階段からはダム湖と橋のある景色。▼

 

 

階段の途中にはベンチがあります。

 

 

 

庵の湯-足湯と飲泉

 

階段を下まで降りると足湯と飲泉。ベンチもあって、周囲の山々を眺めながらのんびり過ごすことのできる場所です。

 

 

足湯。無料です。▼

 

飲泉▼

 

源泉掛け流しの庵の湯-広々とした窓から山々を眺めるほっこりとした時間

飲泉所の奥にある受付でお金を払います。400円。庵の湯は「湯めぐり三湯ストラップ」も使えます。(←十津川村のいくつかの公衆浴場のうち3カ所に千円で入ることができるストラップ。▼)

 

 

脱衣所。▼

 

脱衣所には貴重品を入れることができるコインロッカーもあります。100円入れて使いますが使用後に100円は返ってきます。

 

 

庵の湯。周囲の景色を見渡せる広々とした窓のある浴室。▼




 

十津川村の温泉はどこも浴槽が広い印象。源泉掛け流しです。ちなみに十津川温泉の効能は切り傷、火傷、リウマチ性疾患など。

 

 

お湯に浸かりながらだと、ダム湖の水までは見えませんが、窓の外はこんな景色が広がっています。▼


時おり、ダム湖を船が通ることもあるので、浴室が丸見えなのも困るし、でも、お湯の中からもダム湖が見えたらいいのにと思ったり。。究極の選択(>_<)

 

 

 

 

ほんのちょっとの間、お湯に浸かってのんびり。十津川村滞在の最後の時間を楽しみました(*^^*)

 

 

基本情報-十津川村観光協会のHPより

庵の湯

 

利用料金:大人400円・子供200円

営業時間: AM7:30~PM9:00

休業日: 火曜日

電話: 0746(64)1100

備品:ボディソープ・リンスインシャンプー

 

http://totsukawa.info/joho/totsukawa_onsen_gou/2totsukawa_onsen.html

庵の湯の場所

 

場所は十津川温泉バス停の左向い。

 

 

 十津川村旅行記の目次▼

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ