img_8065-1

十津川村「温泉地温泉」の公衆浴場「滝の湯」-滝の流れる露天風呂

奈良の秘境「十津川村」に3泊4日。今日は十津川村の「温泉地温泉(とうせんじおんせん)」の公衆浴場「滝の湯」を紹介したいと思います。お風呂の外に滝が流れる野天感満載の露天風呂でした(*^^*)

 

十津川村旅行記-目次▼

 


十津川村にある温泉地温泉は十津川村でも最も古い560年の歴史をもつ温泉です。

 

温泉地温泉の公衆浴場のひとつ「滝の湯」 に行きました。場所は十津川村役場と道の駅の間の橋を渡り右へ。上り坂の途中にあります。

 

滝の湯の駐車場

 

今回、滝の湯の建物の下側にある駐車場に車を止めましたが、少し坂を上ったところにある建物の入口脇にも駐車場があります▼

 

 

滝の湯 受付

 

受付で利用料¥600を払います。滝の湯はお得な「三湯めぐりストラップ」が使えます。

 

1000円で3回入れる入湯券付きストラップ▼

 

 

 

このストラップは滝の湯でも購入可能です。受付脇の券売機で発券します。

 

 

貴重品はロッカーの中へ

 

受付を過ぎたところに貴重品を入れるロッカーがあります。使用の際は100円かかりますが返却されます。▼

 

 

滝の湯 源泉掛け流しの内風呂

 

源泉掛け流しの内風呂です。温泉地温泉の泉質は単純硫黄泉。リウマチ性疾患、慢性婦人病、糖尿病などのに効能があります。▼

 

滝の湯 滝を眺めながら入る野天風呂

 

内風呂から露天風呂へは裸のまま移動できます。露天風呂まで長い階段を下ります。階段が長くて野天感が増します(*^^*)▼

 

 

階段の脇に見える小屋は脱衣所のような場所で、タオルとか置いておけます。▼

 


 

女子露天風呂。すぐそこが山なので山の中にある温泉のような雰囲気です。▼

 

 

お風呂の脇に流れる滝を眺めながらお湯に浸かることができます。自然の中で浸かる温泉、水の音に癒されます。▼

 

 

滝に癒され、自然の中でお湯に浸かってのんびり過ごす。そんなひと時でした(*^^*)

 

 

滝の湯 休憩室&お食事

滝の湯には休憩室もあり、お食事もできます。▼

 

 

今回は山歩きのお弁当代わりに「めはり寿司」を購入。ひとつ¥150。めはり寿司は高菜漬けの葉で包んだおにぎりで、郷土料理のひとつです。なんとその場でにぎってくれました。中からおかかを混ぜたご飯が出てきて美味しかった(*^^*)▼

 

基本情報-十津川村観光協会のHPより

 

 

利用料金:大人600円・子供300円

営業時間: AM8:00~PM9:00(※8月~11月は7:30~)

休業日: 木曜日

電話: 0746(62)0400

備品:ボディソープ・リンスインシャンプー

 

 

温泉地温泉のHP

 

http://totsukawa.info/joho/totsukawa_onsen_gou/

 

滝の湯の場所

 

十津川村役場と道の駅の間にある橋を渡って右へ。

 

 

十津川村旅行記-目次▼

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ