嬬恋バラギ湖

ハート形のバラギ湖と無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

今日も群馬県嬬恋村のパルコールつま恋リゾートホテルに宿泊した時のお話。キャベツ畑の中をお散歩すること1時間。バラギ湖に到着。

このバラギ湖、ゴンドラの上から見るとハートの形をしているらしい。今日は天気が悪かったのでゴンドラには乗らなかったけれど。。
でもね、ホテルの前を歩いていた時、一台の車が止まり、話しかけてきた。

「ゴンドラで上に行きましたかー。頂上は晴れてましたよ!」

バラギ湖までは見えなかったかもしれないけど、天空では別世界が広がっていたのだろう。興奮ぶりが伝わってきた。

さて、そんなバラギ湖であるが、実際に行ってみると、想像していたより小さな湖だった。前に行った野反湖に比べてだいぶ小さかった。これなら、歩いて一周できそうだ。時計周りに歩き出す。

釣りやカヌー、サイクリング・・と、みんな思い思いに湖で過ごす時間を楽しんでいる。
最初に出会った素敵な風景は蓮。湖面に映り込んだ空の上にピンクの蓮の花が咲いている。湖に咲く蓮は初めて。

嬬恋バラギ湖

そして、少し歩くとキャンプ場が現れる。カンパーニャ嬬恋キャンプ場。

「過剰なサービスは省きましたが、自然は豊かです」というコンセプトを掲げ、創り上げられた無印良品のキャンプ場だ。

カンパーニャ嬬恋

“嬬恋の人々が守り育んできた大きな自然。私たちが目指したのは、豊かさと同化するキャンプ場でした。自然の起伏はできるだけ活かし、環境破壊に結びつくような設備はつくらない。こうしてできあがったのが、無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場です。”

無印良品のキャンプへの想いが伝わってきますね。

http://www.muji.net/camp/tsumagoi/
湖を半周した辺りの景色。

嬬恋村バラギ湖

 

紫の小花が咲く小道を歩き、沼地?にかかる橋を渡る。
嬬恋村バラギ湖

 

嬬恋村バラギ湖

 

橋の終わりになぜか大音量のラジオ。なんとなく、自然の中で過ごす時間がぶち壊された気分。。。
でも、でも、もしかして、熊よけ?!

橋を渡ると小川が流れていた。子どもたちが楽しそうに遊んでいる。湖一周を諦め、湖と反対の小川沿いの小道を歩き出す。そして、小川をたどり森の中へ。私、森のお散歩大好きなんだよね!

嬬恋村バラギ湖
が、熊出没の看板。
静かな森の中に足を踏み入れれば踏み入れるほど、熊出没への恐怖が増す。

嬬恋村バラギ湖
私のビビリのほどを悟ってか、隣から大音量の音楽が聞こえてくる。

そうか!大きな音を立てたら、熊も近寄って来ないね。なんて、機転の利くやつだ。
が、なぜかマイラバ。

 

なぜ、今ここで、マイラバのdestinyなんだ。(−_−;)

 

そして、どうにか無事に道路に出る。これで一安心だ。熊出没の恐怖から解き放たれ、ゴスペル調のsunに合わせて口ずさみながら帰路に着く。

とても素敵な森だったから、また訪れてみたい。

 

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ