大磯 花火大会

湘南大磯 なぎさの祭典 花火大会

今日は大磯の花火大会のお話。大磯では毎年なぎさの祭典と題した夏祭りが開催される。2016年の今年は7月30日に開催された。

開催場所は大磯港。駅からだと歩いて10分くらいかな。
渚の祭典のスケジュールは下記の通り
18:20 開会式
18:35 サマーコンサート
20:30 花火

今年のサマーコンサートのメインゲストはCHEMISTRYの川畑要だった。サマーコンサートのゲストはいつもなんとなく気になる人がやってくる。誰が選んでいるのだろう。そこが知りたい。笑。

今までのゲストを調べてみたらこんな感じだった。
岡本真夜、岩崎良美、石川ひとみ、夏川りみ、森口博子、南野陽子、西村知美、EPO、白井貴子、中村あゆみ、チャゲ・・・
ねっ、なんか聞きに行きたくなるよね^_^

そして、花火大会。時間は20:30-20:50の20分間。1,000発の花火が打ち上がる。東京では隅田川の花火大会が終わった頃だ。

ちなみにお隣の湘南ひらつか花火大会は1時間で3,000発、さざんビーチ茅ヶ崎花火大会は50分間で3,000発。比べる必要はないが隅田川の花火大会は20,000発!大磯の花火大会がいかにこじんまりとしているのかがわかる。

大磯の花火大会は決して華やかではないけど、でもとても素敵な時間を過ごすことができた。
私はいつも漁港とは少し離れた浜辺から、波の音を聞きながら花火を見る。
夜の浜辺は真っ暗だ。懐中電灯を持参すればよかった。犬のフンの上を歩いてしまいそうだ^^;
砂浜を歩くので砂の入らない靴と迷ったが、履き物は汚れてもいい平らなサンダルを履いてきた。
持って来た敷物を広げて陣取る。と言っても、人はほとんどいないので、好きな場所を選ぶことができる。そして、羽織りものをはおる。夏は夜でも蒸し蒸し暑いけど、海風はやっぱり冷たく、夏の服装だと体が冷えて冷たくなってしまう。少し早く到着したので、花火が始まる前に体が冷えきってしまいそうだ。シャツを1枚持って来て良かった。(*^^*)
夜の海は暗闇の中、白い波が際立ち、波打つ様子が美しい。

しばらくして花火大会がようやく始まる。少し離れてはいるけど、私の真正面に花火が上がる。特等席だ。

大磯 花火大会
時たま、花火が私の方に向かって打ち上げられる。ちょっとした迫力に歓声をあげる。
\(^o^)/
ニコニコマークの花火もあった。子どもが喜びそうだ。
一応、連発花火がフィナーレを飾る。

大磯 花火大会

 

夏のひと時が終わり、浜辺から退散。
あれっ、こんなに人がいたんだ?!暗かったせいか、花火を見ている間はあまり人の気配を感じなかった。皆でぞろぞろ退散する。

さぁ、湘南大磯、夏の始まりだ!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ