箱根レイクホテル

箱根レイクホテル3 富士山溶岩焼きのディナーと寛ぎのロビーラウンジ

夕食は富士山溶岩焼きを始めとしたメニューでホリデー気分を満喫。たらふく食べた後は、洋書の1ページのようなインテリア空間で寛ぎの時間を過ごす。

 

夕飯は珍しくホテルで。お部屋の番号が書かれた席に案内される。

テーブルの上には前菜、お造り、茶碗蒸し、ローストポークそしてお肉が並ぶ。

 

ご飯やサラダはブッフェ式だ。

ご飯は白いご飯と五目ご飯から選ぶ。汁物は豚汁。

デザートはプリンと水羊羹。

お肉は富士山の溶岩を使った溶岩焼き。石焼の一種だ。お野菜と一緒に自分で焼いて食べる。

 

箱根レイクホテル

 

富士山の溶岩は遠赤外線の放射率が非常に高く、芯からふっくら温める作用があるらしい。富士山の溶岩の遠赤外線効果でお肉の表面はコンガリ、中はふっくらジューシーに焼きあがるのだとか。お肉の旨味も外に逃げず、旨味を閉じ込めて焼くことができる。

確かに美味しいお肉だ。少し焼き過ぎてもお肉がきれいに剥がせる。のんびり食べていたら、燃料が切れてしまった^^;

お腹がかなりいっぱいになった頃、カレイのレモンソルト焼きが運ばれてくる。

 

箱根レイクホテル

デザートのプリンと羊羹を食べる頃にはもう完全に満腹。

羊羹は抹茶味。プリンはキャラメルソースをかけていただく。

箱根レイクホテル

 

旅の夕食は私の場合、色々。旅先で見つけたお店で食べることもあれば、立ち食いそばやコンビニで済ませてしまうこともある。ホテルで食べることは意外と少ない。でも、美味しいお肉やお魚をいただきながら、あー、休日だなーとホリデー気分を満喫している自分がいた。

 

今回、箱根レイクホテルで美味しい料理を食べて、のんびり休日を過ごすことができた。

 

箱根レイクホテル オープンテラスデッキで過ごす贅沢な時間→

 

箱根レイクホテル 天然温泉・日帰り入浴 湯坊MAYUの森→

 

そして、最後にもうひとつ。箱根レイクホテルで大好きだなーと思ったのがロビーラウンジだ。ホテルのロビーには大抵、居心地のいいソファーがあるけど、箱根レイクホテルは空間自体がとても素敵なロビーラウンジだった。

 

ひとつ目は洋書のインテリアのページから出てきたようなこの空間。(*^_^*)

箱根レイクホテル

 

もうひとつは暖炉のあるライブラリーをイメージしたというロビーラウンジ。

背の高い、書斎の本棚のような演出。そして暖炉。フラメンコ?!の女性の絵。ソファーの上にはたくさんのクッション。

普段は過ごせないような素敵な空間で、家にいるように寛いで過ごした。(*^_^*)

箱根レイクホテル

 

コーヒーは有料。セルフサービス。

 

箱根レイクホテル

http://www.hakone-lakehotel.com 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ