富士宮焼きそば

富士宮焼きそば1 作り方と特徴

静岡県富士宮市のB級ご当地グルメ「富士宮焼きそば」。コシのある麺と独特の味付けが特徴。最後にイワシの削り粉をたっぷりかけて仕上げる。水は富士山の湧き水、キャベツは富士宮の高原キャベツを使用。

お盆休み。どこも宿が高くて>_< 唯一、安く泊まれたのがなぜか“富士”だった。富士まで来たら、富士宮焼きそばでしょ!ということで、富士宮焼きそば屋巡りをすることに。しかーし、そう甘くはなかった。

まずは富士ってどこにあるの?

小田原から富士まで電車で1時間10分前後。
小田原から熱海までが5駅、20分。熱海で乗り換えて、熱海から富士までが8駅、40分。熱海と富士の間には三島や沼津がある。そうか、私たち、今、沼津の辺りにいるんだね。

富士宮焼きそばって?

静岡県富士宮市のご当地B級グルメ。コシのある麺と独特の味付けが特徴。
《作り方》

富士宮焼きそば学会のHPを参照しました。
http://www.umya-yakisoba.com/contents/2008/10/post-13.html

1. 鉄板を熱し、ラードを溶かし広げる。

2.肉かすを炒め、肉から出た油を鉄板になじませる。

3.キャベツを加える。

4.キャベツと肉かすをよく炒める。

確かに最初に白いラードを溶かしていたなー。
その後、具材を炒めていたけど、ここに肉かすが入っていたのだろうか?!
富士宮焼きそば
富士宮焼きそば
富士宮焼きそば

もしや、このキャベツの上に乗っているのが肉かす?!
富士宮焼きそば

よく混ぜ合わせます。
富士宮焼きそば

5.鉄板の空いた所に麺をほぐして入れる。

6.麺にお湯を回しかける。

7.蒸す。

 

麺の投入!
富士宮焼きそば

お湯をかけたので湯気が上がっていますね。
富士宮焼きそば

8.混ぜる。

9.ソースをからめる。

ソースをよくからめます。

富士宮焼きそば

10.ネギをたっぷり入れる。

11.最後にもう一度よく混ぜる。

もう一度よく混ぜます。

富士宮焼きそば

12.紅生姜を添え、だし粉をたっぷりかけて完成。

だし粉をたっぷりかけます。これは本当にたっぷりかけてたね。
富士宮焼きそば
完成!
富士宮焼きそば
《特徴》
富士宮焼きそば学会のHPを参照しました。
http://www.umya-yakisoba.com/contents/2009/09/post-25.html#jump

特徴12箇条の中で気になったのは

・麺は市内の4つの製麺業者の蒸し麺。
・ラードを使用。
・肉かすとはラードを絞った後に残ったものを揚げたもの。
・だし粉にはイワシの削り節。
・キャベツは富士宮の高原キャベツ。
・ソースは各店こだわりのソースを使用。
・水は富士山の湧き水。

などなど。
実際に作っているのを見たところ、だし粉をたっぷりかけるのが印象的だった。富士山の湧き水に地元のキャベツときたら最強だね。(*^_^*)

富士宮焼きそばを食べた話につづく。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ