image

富士宮焼きそば2 ランキング上位店 お好み食堂 伊東〜前編〜

富士宮焼きそば、ランキング上位店はやっぱり大人気。早め、早めの行動で席を確保しよう!

 

お盆休み、富士に泊まった私たちは富士宮焼きそば屋巡りをすることに。しかし、朝10時にホテルをチェックアウトし、コンビニWiFiで店を選ぶというスロースターター。その割に「朝から富士宮焼きそば屋巡りだ!」と変な気合が入っていたので、朝食はプリンだけしか食べていない。;^_^A

次回、富士宮焼きそば屋巡りをする機会があったのなら、おそらくこんな寝ぼけたマネはしないだろう。
朝は8時に起床、店も事前にリサーチして富士宮焼きそば屋巡りに挑むに違いない。
なぜなら、私たちの富士宮焼きそば屋巡りはそう甘いものではなかったからである。

さて、向かうは西富士宮駅。JR身延線で富士から7駅目、乗車時間20分。この場所にランキング1位の富士宮焼きそばのお店があるらしい。

 

※ランキングはこのサイトの基準です。
https://www.rankingshare.jp/rank/sxkjztbpuq

 

 

西富士宮駅を出て左へ、線路沿いを進む。途中、何軒か富士宮焼きそばのお店を見つける。
歩いても歩いても着かない。それもそのはず、調べてみたら、なんと徒歩25分!と書いてあった。>_<

急げ急げと急かされる。普通の感覚だと、11:30という時間はランチの始まったばかりの時間で混み合う直前という気がするが、ランキング上位店には普通の感覚は通用しない。11:30過ぎ、店に到着した時には、既に遠目からもわかる人だかりができていた。>_<

店先に置かれた紙に名前を書く。何番待ちだ?数えるのも面倒だ。待ち時間を潰すのはさほど苦にならなかった。問題はベンチがひとつしかないこと。花壇の端に腰掛けて待っていたが、しばらく経つと、お尻が痛くて座っているのもツラくなってきた。

こうやって待つこと1時間以上。ようやく、店の中に案内される。大きな鉄板の目の前にある席だ。目の前の実演にかなりテンションが上がる。長い時間、待った甲斐があったというものだ。

最初はお兄さん。作り上がるとどこかに消えてゆく。続いておくさんが現れる。おくさんがちょっと鉄板から離れると隣からじーちゃんがやってくる。絶妙なコンビプレーだ。ここは家族経営のお店なのだろうか。

店内の壁にはたくさんの色紙が貼りつめられている。黒田アーサーもこの店を訪れたらしい。^ ^

メニューは焼きそば以外にも色々ある。目の前にはおでんもあって、隣の鉄板の兄弟は待ってる間におでんをつまみ食い?!していた。一律1個70円みたいで、今何取ったの?じゃなくて、今何個取ったの?と聞かれていた。彼らは大根が好物なのか、大根をお皿に取っては席に戻るをふたりして繰り返していた。笑。

 

つづく

 

 

お好み食堂 伊東
食べログはこちら↓↓↓↓
https://s.tabelog.com/shizuoka/A2204/A220401/22002448/

富士宮焼きそばの作り方はこちら→

 

 

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ