富士宮焼きそば うるおい亭

富士宮焼きそば4 ランキング上位店 うるおい亭〜前編〜

富士宮焼きそば4 ランキング上位店 うるおい亭〜前編〜

ランキング5位の「うるおい亭」はコシのある麺が特徴。潤井川の川沿いにある。お店の大将との会話もこのお店の楽しみのひとつ。

※ランキングはこのサイトの基準です。
https://www.rankingshare.jp/rank/sxkjztbpuq

 

お好み食堂「伊東」で五目焼きそばを食べた後、次の店へ。時刻は13:50。ランキング5位、「うるおい亭」のランチは14:00までらしい。果たして間に合うのだろうか。

早足でうるおい亭に向かう。どうやら川沿いに店があるらしい。川沿いをのんびりお散歩したいところだが今はその余裕はない。

14:00ぎりぎり、お店に到着。お店に滑り込むことばかり考えていたので、着いてびっくり。ここにも待ち行列が出来ていた^^;
しかし、うるおい亭はベンチがたくさんあり、みんな座って待っていた。

紙に名前を書いた後、川辺のベンチに直行する。きっと1時間位待つのだろう。ならば、ちょーどいい。川の音でも聞きながら、気持ちよくひと眠りだ!

ベンチに横になり、かぶっていた帽子を顔に乗せる。そして、そのままウトウトと眠りにつく。どのぐらい眠っただろうか。ひと眠りして、体もなんとなくスッキリした。取りあえず、待ち行列の様子を見に店に戻る。

すると、思いがけず、既に順番が回ってきていたことがわかり、中に通される。

うるおいの間」に案内され、追加オーダーは出来ないと告げられる。なので、慎重にメニューに目を通す。ちなみに、「うるおいの間」と「癒しの間」がある。

そして、ひとつめ。「うるおい天お好み焼き」。自分で混ぜるように言われ、紅ショウガをよけていると店の大将がやって来る。
富士宮焼きそば うるおい亭

「誰だ、紅ショウガが食べられないやつは?しょうがねぇなー」

と、いきなりダジャレで登場だった。笑。

混ぜ終わるとお姉さんが焼いてくれる。

富士宮焼きそば うるおい亭
富士宮焼きそば うるおい亭

この「うるおい天お好み焼き」の特徴は解説によると、富士山麓「あわび茸」を使用していること、そして地元富士宮のお水でふんわり仕上げたふわふわの生地。

富士宮焼きそば うるおい亭

続いて「うるおい焼きそば」。焼きそばは大将が席まで来て作ってくれる。お好み焼きの焼け具合を見計らい、大将が再びやって来る。

富士宮焼きそば うるおい亭

うるおい焼きそばは麺が他とは違うと大将が言っていた。自慢の麺のようだ。
解説によると、長い年月をかけて湧き出た富士山の雪解け水を麺に練り込み、添加物を使用していない国内産の小麦粉を使っているのだとか。

卵は地元朝霧高原の卵を使用。

富士宮焼きそば うるおい亭

もちろんイワシの削り粉をたっぷりかける。
富士宮焼きそば うるおい亭

卵はとろとろしているうちに食べた方が美味しいよ!と大将。慌ててソバに絡めていただく。
富士宮焼きそば うるおい亭

そして、お水も富士山の美味しいお水だからいっぱい飲んでけ!と。

デザートにつづく

うるおい亭
http://www.uruoi-tei.com/index.html

富士宮焼きそばの作り方はこちら→

お好み食道 伊東〜前編〜はこちら→

お好み食道 伊東〜後編〜はこちら→

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ