image

万座温泉 混浴露天風呂

万座温泉 混浴露天風呂

今日も万座温泉のお話。今日は混浴露天風呂の話をしようと思う。混浴風呂って、やっぱり抵抗あるよね。だけど、大自然の中にあったり、絶景だったり、雰囲気めちゃくちゃ良さげだったり、女子だって入りたいのに!って思わせるような所にあることが多いんだ。
でもね、万座温泉ですごいものを見つけたよ!湯あみ着!混浴の場合、大抵タオルを巻いていいと書いてあるけど、タオルじゃなんか心配だよね>_<という人にオススメ。

湯あみ着
万座高原ホテルの売店で見つけた湯あみ着。1000円ぐらいだったかな?!肩ひもがついているので、ずり落ちる心配がなくて安心。生地も透けないし、体にまとわりつかない。湯あみ着用の脱水機にかければ、水もきれいに切れる。

万座高原ホテル 石庭露天風呂
8つのお風呂が楽しめる混浴露天風呂。敷地が広いせいか、あまり混浴なのが気にならない。初めて混浴にチャレンジする人も割とすんなり入れちゃうかも。夜のデートだったら、いつもと違う時間を過ごせるね。女子専用の露天風呂も1つあって、ここは男子からは見えない。下を流れる水の音を聞きながらのんびり入れて、意外と良かった。脱衣所には湯あみ着用の脱水機が置いてある。

http://blog.princehotels.co.jp/manzakogen_spa2/

万座プリンスホテル こまくさの湯
こまくさの湯は眺めがサイコー!万座温泉に来たーという感じ。自然を感じながら気持ちよく過ごせる場所なので、私も大好き。ここまで来て、入らず帰るのはもったいない。女子の露天風呂もすぐ横にあるけど、開放感が違うので、是非トライしてもらいたいな。男子風呂の敷地内にあるので、隣のお風呂に目をやると、男性がフツーに出入りしているけど。笑。女子に気づくと男子も少し恥ずかしそうだったりする。笑。

http://blog.princehotels.co.jp/manza_spa/#section1

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ