img_3971-1

マウントクック、テカポ旅行記3日目 スキーザタスマン、ボーウェンブッシュウォーク

いよいよ夢に見たスキーザタスマン当日。小型飛行機からの絶景。広大なバーン。自然の造形美を楽しみながらの氷河滑走。最高でしたー。(*^^*)

 

 
朝食

起床。今朝は曇り空。目の前の山に雲がかかっている。というより、目の前に雲が見える。

朝食はクライストチャーチで買ったインスタントスープにベーグルとチーズを入れて食べる。山々に囲まれて、外で食べる朝食は美味しいね。

 


スキーザタスマン決行確認 

9時15分前にアルペンガイド社に電話するように言われている。決行するか確認するために。昨日の時点ではほぼ決行の予定と言われていたが、10時まで様子見となった。

 

 

 

ボーウェンブッシュウォーク

10分で一周のショートウォーク。階段を上りながら森の中へ。今日のボーウェンブッシュウォーク、とても静かだ。木々の葉ズレの音すらしない。写真のように静止した世界。

 


スキーザタスマン

少し晴れてきたので決行か!と思ったけど、10:45に迎えに行くので、その後、エアポートで機長が決めるという話になる。

 

 

10:45、迎えがやってくる。車の中で、乾燥のせいか鼻水が出ると話すと多分、アレルギーよと言われる。ここにも花粉症があるらしい。

 

 

誓約書にサインをする。日本語だった。何かあっても一切責任を負いませんというような内容。申込書にサイン。スキーレベルを申請。スキーには自信があるがパウダーとか滑ったことがないというのが1番下のレベルで、自信があるに丸をつけざる終えない。

 

 

万が一、雪崩に巻き込まれた時のために色々装備する。雪崩に巻き込まれたら、探しに行くから何もしなくていいと言われる。実際、どこかしらで雪崩が発生してる音が聞こえるので、かなり真剣に話を聞くが、さっぱりわからない。大事なとこだけ、繰り返してもらう。

 

 

ツアーは7人参加。小型機に板を積んでガイドさん2人と乗り込む。満員状態。眼下には氷河の川が流れ、素晴らしい景色。

 

雪上に無事着陸。目の前には広大な斜面が広がる。クレバスに気をつけながら、ガイドさんに続く。少し硬めの斜面。なだらかな斜面が多いので気持ちよく滑る。

みんなで荷物をおろしているところ
こんなに広いところで滑ったよ。でもね、危ないから端っこには行ったらダメなんだ!

自然の造形美、美しいね。

 

 

景色も素晴らしく、首からぶら下げたカメラでパー子のように撮影しまくる。EOS M10を買ってよかった。(*^_^*)

 

 

最後は小型機が待つ場所までイルカのように滑り、ランチ。スープや巨大なパイをいただく。雪山で食べると美味しい!と言いたいところだが、パイの巨大ぶりに食べるので精一杯な感じも。;^_^A

ランチタイム。ヘリさんが待っててくれたよ。
このパイ、めちゃくちゃ巨大。
具沢山のスープ。
お菓子まで食べられなかった>_<

 

 

ランチの後は再び、小型機で上ってもう1本。着陸に何か問題があったのか何なのか、何度もぐるぐる回ることに。上から下へ向かう滑り出しはある意味雪上コースター状態で、はじめははしゃいでいたが、だんだん気持ち悪くなってくる。

 

 

2本目は自然が織りなす造形美を楽しみながらの滑走。トンネルをくぐったりしながら滑る。見たことのないような景色にパー子もテンションが上がる。

 


帰りの車で明日も参加したいとガイドさんに告げる。1日70,000円もする滑走だが、もはや迷いもない。しかし、残念ながら、催行人数に及ばず断念。>_<

 

 

 

サーモンのソテー 

夕飯はサーモン。バスの中から可愛い牧場の動物たちを見てしまった今、ラム肉も鹿肉ももはや食べられない。>_<

サーモン、期待していた以上に大きくて美味しかった。ライスも今まで食べたことのない感じ。満足。(*^^*)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ