酒水の滝

森林セラピー4 紫陽花の小道と酒水の滝

森林セラピー4 紫陽花の小道と酒水の滝

今日も森林セラピーのお話。県道726号に出たら左へ。道路を渡ったところに「酒水の滝入口」が見つかる。入口付近にはちょっと気になる食堂が!

 

よく見ると車道の脇に細い散策路が。どうやら、酒水の滝へは、この道をたどってゆくようだ。散策路の脇には水が流れていて、澄みきった水に癒される。きれいな水が流れる小道を歩くのは本当に気持ちがいい!

そして、しばらくいくと、思いがけず紫陽花の小道が現れた。素敵!この小道、左手には紫陽花が咲き、右手には川が流れるという、とても素敵な小道だった。紫陽花の季節に来てちょっと得した気分。

酒水の滝

紫陽花の小道をワクワクしながら通り過ぎると、直売所が。一袋100円の日向夏を買う。このみかん、色はオレンジと言うより黄色。コタツで食べるみかんよりちょっと大きいぐらいの小ささ。ふたくちで食べれる感じ。苦味のある柑橘の香りが胃に効く。

酒水の滝

袋の口は赤い糸で結ばれていて可愛い。我慢できないので、歩きながら食べる。こういう食べ歩きも散策の楽しみのひとつ。美味っ。ちょっと種が多めだけどね。

日向夏に夢中になって歩いていると、次の直売所が。この辺りはもう森林浴な感じで、緑の中を歩くのが気持ちいい。横を流れる川は酒水の滝の水が流れ込んでいるのだろうか。川の傍にも紫陽花が咲いている。

森林ウォークを楽しんでいると目の前に酒水の滝が。あった!
想像してたより、高さのある滝だった。そうそう、酒水と書いて、「しゃすい」と読む。

酒水の滝
観光案内でもらったパンフレットによると、

“酒水の滝
「日本の滝百選」に選ばれている名瀑、またその水は「全国名水百選」にも選ばれています。酒水とは密教用語で清浄を念じてそそぐ香水を指すといいます。”

というわけで、湧き水を美味しくいただき、しばし川辺でのんびりした時間を過ごします。

image

 

 

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ