img_5608

イルデパン 伝統帆かけ船「ピローグツアー」に参加しました1-ニューカレドニア旅行記

イルデパン島で「ピローグツアー」に参加しました。メラネシア伝統の帆かけ船「ピローグ」でウピ湾を遊覧。グリーンの海の中をうみがめさんが泳いでいます。美しい海の上をのんびりと、ゆっくりと進んでいく贅沢なひとときでした。(*^^*)

 

朝7:30、宿泊先のナタイワッチの駐車場に集合。宿の運転手サロメの運転で、みんなでピローグが出航するサンジョゼ湾に向かう。途中、ガイドブックに載っていたバオ村の教会が!

 

 

きゃー、降りて写真撮りたーい!!

 

 

と言う間もなく通過。残念。>_<

 

 

ちなみに後日観光した時に撮影したバオ村の教会▼

 

イルデパン バオ村 教会

 

サンジョゼ湾に到着。 ここからピローグが出発します。他のグループも見かけました。サンジョゼ湾はピローグの造船場としても知られているみたいですね。

 

 

これが私たちの乗るピローグ。▼

 


そして、我らがキャプテンと今から一緒に航海に出発する仲間たち。フランス人ファミリー、カップル、お友だち同士。日本人は私ひとりでした。▼

 


キャプテン、準備中。ピローグというのはこのメラネシア伝統の帆かけ船のことで、漁に使われる舟です。▼

 

キャプテンの準備が終わったところで、順番にピローグに乗り込みます。ピローグまでは海の中を歩きます。そして、いよいよ出発!▼

 

 

 

ピローグはのんびりチャプチャプと進んでいきます。通りすがりのモーターボートがめちゃくちゃ早く感じられました。笑。▼

 

色を変える海の上をチャプチャプ。ただひたすらチャプチャプ進んでいきます。なんて贅沢な時間なのでしょう。エメラルドグリーンの海の上でチャプチャプするだけの時間なんて(*^^*) あまりの気持ちよさに、ウトウトしてきました。▼

 

このグリーンの海、うみがめさんが泳いでいたりします。時おり、お魚が跳ねたり、奇岩が現れたり。海の中の生き物たちを見つけてはみんなで大はしゃぎ。▼

 

我らがキャプテン。▼

 


船酔いするかなって心配していたけど、全然大丈夫でした。気持ち悪くなるどころか、あまりの気持ちよさに、うたたねしそうになりました。笑。海風は心地いいけど、体が冷えるので、羽織るものはあった方がいいですね。

 

 

そして、上陸。ピローグから降ろされます。▼

 


キャプテンとはここでお別れ。バイバイ、キャプテン。▼

 


このあと、みんなでジャングルをトレッキング。ピシーヌナチュレに向かいます。ピシーヌナチュレはカラフルなお魚の泳ぐ天然のプールです。

 

 

つづく

 

 

 【ピローグツアーの行程】 

7:30 

宿泊先ナタイワッチの駐車場に集合

ナタイワッチのシャトルバスでサンジョゼ湾に移動

 

8:00

サンジョゼ湾を出発

1時間半から2時間ぐらいかけてウピ湾を遊覧

 

舟を降りてジャングルをトレッキング。オロ湾に向かう。

所要時間45分ぐらい

 

10:30-11:00頃 

オロ湾に到着

 

そのまま歩いてピシーヌナチュレに向かう。

 

自由時間

 

15:00

駐車場に集合

* メリディアンの橋のところから歩いて3分ぐらいのところ

宿泊先ナタイワッチへ

【予約】

 

前日、宿泊先ナタイワッチの受付で予約しました。ひとり4,300フラン。支払いは宿で。ランチのサンドイッチも500フランで予約できました。ハムかチキンか選べます。当日の朝、出かける前にサンドイッチを受け取るのを忘れずに!

【イルデパン 旅行記と旅の情報】

 

 

 

 

【民宿ナタイワッチ Nataiwatch HP】 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ