img_6344

イルデパン 伝統帆かけ船「ピローグツアー」に参加しました3 ピッシンヌナチュレルで初めてのシュノーケリング-ニューカレドニア旅行記

イルデパン島でピローグツアーに参加しました。ツアーの最後はピッシンヌナチュレル=天然プールで初シュノーケリングに挑戦。ピッシンヌナチュレルは大自然の中の誰にも教えたくない秘密の場所のようなところでした。(*^^*) 人、たくさんいたけど。笑。

前回までのお話はこちらから▼

 

 


 

ウピ湾をピローグで横断、ジャングルをトレッキング。オロ湾の水の中をじゃぶじゃぶ歩き、ピッシンヌナチュレル=天然プールに到着。いよいよ、初めてのシュノーケリングに挑戦です。

 

 

この日のために、1ヶ月もかけて道具を揃え、カメラまでレンタルして準備をしてきました。


 

まずは、ピッシンヌナチュレの紹介から。

【ピッシンヌナチュレルって、どんなところ?】

 

ピッシンヌナチュレル、こんなところでした。▼

 

 

ジャングルを歩いて、水の中をちゃぷちゃぷ歩いてようやくたどり着くような大自然の中。誰にも教えたくない秘密の場所のような美しい場所でした。 ▼

 

オロ湾の入江にあり、岩のすぐ向こうには海が広がっています。私が到着した時は満ち潮だったのか、くるぶしぐらいの浅瀬が広がり、浜を押しやっていました。透明な水の上をキラキラした光が浮かび、水の中を小さなお魚が泳いでいます。

 

 

ちなみに帰り際は潮が引き、すっかり表情を変えていました。▼

 

ピッシンヌナチュレルのまわりには南洋杉が生い茂っています。▼

 


この美しい天然のプールはシュノーケリングで人気のスポットで、カラフルなお魚さんたちと泳ぐことができます。▼

 

 

 

 

さて、ピッシンヌナチュレを紹介したところで、次は私がピッシンヌナチュレで出会ったお魚たちの紹介です。

 

 

【ピッシンヌナチュレのお魚たち】

 

 


 

ちなみ、別の日にピッシンヌナチュレルを訪れた時の写真。ギョギョギョッ。お魚、こんなにたくさんいるんです。▼

【ピッシンヌナチュレルでの注意点】

 

ピッシンヌナチュレルでの注意点をまとめてみました。

 

手荷物

私が訪れた時は人がたくさんいました。荷物は浜に置いておきます。もちろん、ロッカーなどなく、荷物を預かってくれる人もいません。ネットに盗難のことが書かれていたけど、盗まれそうな雰囲気もなく、逆に盗まれてもおかしくないような状況でもあります。盗られてショックなものは持っていかないのが一番ですね。

トイレ

ピッシンヌナチュレルという名前で親しまれ、多くの人が訪れる場所ではあるけど、ここは大自然の中の遊び場。トイレなどありません。「がまんできないのなら木の陰へ行くか、水の中に行きなさい」と、その場に居合わせた人々に言われました。笑。この美しい水の中でというか、こんなにたくさんの人がいる水の中でというか。水の中は私にはムリでした;^_^A

水温

GWの海、すごく冷たいわけではないけど、温くもない、それぐらいの体感温度でした。水着姿の日本人ご夫婦は寒い、寒いと言いながら仲良く泳いでいました。私はラッシュガードの上に薄手のウェットスーツまで着込んでいたので、みんなより長く海の中で過ごせたかな。でも、陸に上がったあとは寒くてブルブル、ブルブル。バッグの中に忍ばせておいた別のラッシュガードに着替えました。

水深

水の深さは足が底に届くところと届かないところがあります。突然足がつかないことに気づき、びっくりして溺れかけました。;^_^A その後は慎重に、足のつく浅いところでシュノーケリングしたけど、浅いところだけでも十分楽しめます。きれいなお魚と泳ぐことができました。

 

そして、すっかりピローグツアー中であることを忘れていましたが、まだツアーは終わっていませんでした。;^_^A

 

 

 

【ピローグツアー解散】

帰りの集合は15:00。場所はホテルメリディアン入口の橋を渡って3分ぐらいのところにある駐車場。宿のシャトルバスが迎えに来てくれます。

 


 

ピッシンヌナチュレルからの帰りは潮がが引き、行きのように水の中をじゃぶじゃぶ歩かなくても良かったので歩きやすかったです。

 

 

帰り道はツアーで一緒だったフランス人の子どもたちとカニさんを探しながら、楽しく帰って来ました。▼


 

ランチはサンドイッチを持ってくるのもオススメですが、早めに切り上げて、ホテル「メリディアン」のレストランで食べるという選択肢も。ピッシンヌナチュレルから歩いて15分か20分ぐらいのところにあります。食事のあと、そのまま帰りの集合場所に向かえます。ちなみに、ガイドブックに載っている、郷土料理ブーニャで知られる「シェレジス」は閉店したようでした。

 

 

15:00に宿の運転手のサロメがみんなのことを迎えに来てくれ、宿で解散。「ピローグ」、「ジャングル探険」、「ピッシンヌナチュレルでシュノーケリング」と盛りだくさんな1日でした。

 

 

ピローグツアー。美しい海、のんびりとした時間、パームツリーが生い茂るジャングル、カラフルなお魚たち。イルデパンの大自然を満喫できる素晴らしいツアーでした。

 

 

 

 【ピローグツアーの情報】

《行程》

7:30

宿泊先ナタイワッチの駐車場に集合

ナタイワッチのシャトルバスでサンジョゼ湾に移動

 

8:00

サンジョゼ湾を出発

1時間半から2時間ぐらいかけてウピ湾を遊覧

 

舟を降りてジャングルを散歩。オロ湾に向かう。

所要時間45分ぐらい

 

10:30-11:00頃

オロ湾に到着

 

そのまま歩いてピシーヌナチュレに向かう。

 

自由時間

 

15:00

駐車場に集合

* メリディアンの橋のところから歩いて3分ぐらいのところ

 

 

《予約》

前日、宿泊先ナタイワッチの受付で予約しました。ひとり4,300フラン。支払いは宿で。ランチのサンドイッチも500フランで予約できました。ハムか鶏肉か選べます。当日の朝、サンドイッチを受け取るのを忘れずに!

 
【イルデパン 旅行記と旅の情報】

 

 

 

 

【民宿ナタイワッチ Nataiwatch HP】

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ