ユースホステルYHAの会員になる 〜ニュージーランドへの道のり8〜

今日はニュージーランドの宿探しのお話。今回の旅で宿泊が必要なのはクライストチャーチ1泊、マウントクック4泊、テカポ2泊、オークランド1泊の計4箇所だ。

ニュージーランドはひとり旅しやすい国だと思った。バックパッカー宿やユースホステルが結構あって、相部屋が気にならなければ、安く気軽に泊まることができる。ただ、男女相部屋も多い。日本のユースホステルでは結婚していない男女は同じ部屋に泊まれないけど、海外のユースホステルは男女相部屋が割と普通にある。

最初に予約をしたのはクライストチャーチの宿。初めはbooking.comでユースホステルの女子相部屋を予約した。でも、その直後、クライストチャーチに泊まらなくてもいい可能性が出たので慌ててキャンセル。この予約はキャセル料が無料だったので、このままキャセルせずに様子を見れば良かったと後で後悔する。なぜなら、翌日、やっぱりクライストチャーチに一泊しなければならないとわかった時には、もう女子部屋は売り切れていたからだ>_<

でも、ユースホステルのHPを見たら、幸いなことに女子部屋がまだ残っていた。良かった(*^^*)
オンライン予約に挑戦してみる。ひとつ問題があった。まだ、ユースホステルの会員になっていなかったことだ。日本で会員証を作っている間に女子部屋がなくなってしまうかもしれない。もしかしたら、当日会員証を提示すれば大丈夫かもしれないしと思い直し、予約を続ける。
まだ会員ではなかったけれど、未来の会員だということで、会員の方を選んでみる。すると案の定、会員番号を聞かれる>_<
でも、画面に沿って、その場で会員手続きをすることができたので、とりあえず、そのまま会員になり、会員番号が発行される。その番号で無事に予約を完了できた!

会員になるには25ドルかかり、ニュージーランドから会員証を送ってもらうのに更に10ドルかかった。会員とそうでない人の差額は相部屋だと1泊当たり3ドルぐらい。得をしたのか損をしたのかは微妙なところだ^^;

でも、まぁ、女子部屋のベッドも無事確保できたし、会員証は宿泊以外の場面でも、提示するればディスカウントしてもらえることがあるらしいのでよしとしよう。
それよりも、しばらくして、ニュージーランドから会員証が届き、エアメールを手にした時はめちゃくちゃ嬉しかった(*^^*)

でもでも、そうだよね?! 書きながら気づく。
よく考えてみると、ユースホステルに宿泊するのは全部で3泊。3ドル×3泊=9ドルってことは会員証を作る必要なかったね^^;
あーあ、やっちまったか>_<
これ以上、書き続けると落ち込んでくるかもしれないので、今日はここでおしまい。

NZでやりたいことが決まったお話はこちら→

インターシティのフレキシーパスを購入したお話はこちら→

テカポ、マウントクック行きのインターシティを調べたお話はこちら→

クライストチャーチに1泊せずにテカポ、マウントクックを行く方法を調べたお話はこちら→

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ