img_6650-1

イルデパン 魔除けの木彫りが守る「サンモーリスの記念碑」-レンタサイクルでバオ村観光-ニューカレドニア旅行記 

レンタサイクルでバオ村観光。カトリック宣教師が初めてイルデパンに上陸した記念碑「サンモーリスの記念碑」。記念碑を囲う魔除けのトーテムポールが奇妙な光景を創り出している。

 

 

 

レンタサイクルでバオ村へ。前回、絵本のように可愛らしいバオ村の教会を訪れた話はこちら。▼

 

 

バオ村観光。教会をあとにし、再び自転車を走らせる。向かうは「サンモーリスの記念碑」。

 

 

教会からサンモーリス湾へは標識があるので、標識に従えばたどりつける。教会(eglise)の前の通りをまっすぐ。少し行ったところで右に曲がる。更に少し行ったところで今度は左に曲がる。 

 

 

軒先のピンクのお花がきれいなこと▼

 


途中、こんな木を発見。何とも不思議な木。▼

 


しばらく、自転車を走らせたところで、「うわぁー」。視界には別世界が広がっていた。なんだか少し大げさだけど、そんな印象。

 

 

ここが「サンモーリス湾」。目に飛び込んできたのはブルーの空、青い海、白いサンモーリスの記念碑。神秘的なブルーの空間が広がっていた。なんてピースフルな場所なのだろう。▼

 

サンモーリスの記念碑の周りにはぐるっと一周、木彫りのトーテムポール。メラネシアの魔除けの神像なのだとか。▼

 


カトリック宣教師が初めて上陸した記念碑。1848年8月12日と書かれている。▼

 


 

 

 

記念碑の周りには小さなお花が植えられている。▼

 

 

目の前はサンモーリスビーチ。▼

 


外敵から守るかのようにビーチの前に一列に並ぶ木彫りの神像。▼

 


それぞれに異なる顔が描かれている。こんな顔をしていた。▼

 

よく見ると舌を出している。敵を威嚇中。▼

 

 

 

宿のレセプションでは、「魔除けの木彫りが並ぶ奇妙な場所よ」と聞いていた。もちろん、今までに見たことのない奇妙な光景であったのは間違いない。でも、私にとっては、最初に目にした、神秘的なブルーの世界が忘れられない。別世界に飛び込んだかのようだった。サンモーリス、そんな場所だった。

 

 

 

 

さて、サンモーリスの記念碑を訪れたところで、最後はスナックKohuとサンジョゼフビーチへ向かう。

 

 

つづく

 

 

 

  【イルデパン 旅行記と旅の情報】

 

 

 

 

【民宿ナタイワッチ Nataiwatch HP】

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ