サーリセルカのスキー場-リフト券とスキーのレンタル-フィンランド旅行記

年末年始、フィンランドのサーリセルカで5日間スキー三昧。スキー板とブーツとストックはスキー場でレンタルしました。

 

サーリセルカを訪れる人のお目当は夜の「オーロラハンティング」。オーロラハンティングのために2,3日滞在し、日中の暇な時間にトナカイそり、ハスキーそり、スノーモービルなどのアクティビティに参加して過ごす人が多い。そんな印象。スキーもそのひとつ。

 

サーリセルカ旅行記-目次  

 

 

サーリセルカにはスキー場がある。私がサーリセルカを訪れた年末年始は極夜と呼ばれ、日が昇らず、スキー場も朝からナイターのようにライトで照らされていた。

 

 

スキー場のリフト券

 

リフト代は1日券で42ユーロ。1日券の他に、1回券や3時間券、4日間の内2日間有効な券など色々ある。スキーが大好きな私は7日間のうち5日間使用できる券を購入。

 

 

3時間がっつり滑って、山頂のレストハウスでサーモンスープを食べてゆっくりして帰るぐらいの過ごし方もおすすめ。

 

 

山頂から1.8kmのそりコースもあるので、1回券を買ってサーモンスープと組み合わせるという選択肢も。ちなみにそりは無料。

 

 

リフト券は機械にあてると入場できるタイプ。

 

 

リフト代とリフト券の種類の確認はこちらから▼

 

http://www.skisaariselka.com/slopes/#ski_passes

 

 

スキー板とブーツのレンタル

 

スキー板とポール、ブーツをレンタル。ヘルメットも料金に含まれるというので、思いがけずヘルメットデビューすることに。

 

 

まずはスキー板。板が出てきたので、お兄さんになんとなく長さを聞いてみる。すると、

 

 

「140だよ」

 

 

と衝撃的な返答が返ってくる。それって、子供用の板じゃないのー>_<

 

 

『もっと長いのに変えて!日本で163cmの板使ってるんだけど』

 

 

「163? ダメだ、ダメだ!俺でさえ160cmの板を使ってるんだから、せいぜい155だ!」

 

 

という会話の末、155のロッカースキーをレンタル。

 

 

ブーツは日本から持っていくか迷ったけど、スーツケースに入らず。でも、しっかりしたブーツでレンタルで問題はなかった。

 

スキーウェアとグローブ、帽子、ゴーグル、ネックウォーマーなどの小物は自前。カイロは日本で購入。 カイロはオーロラハンティングの時にも使えるので多めに持っていくと安心。

 

 

レンタル料の確認はこちらから▼

 

https://www.skisaariselka.com/ski-shop/#ski-rental
 

スキーロッカーをレンタル

 

リフト券が1週間で5日間滑れる券なので、それに合わせてスキーをレンタル。長く借りると割引率も高くなるので、結構安く借りることができた。

 

ただひとつ想定外だったのは、ゲレンデに板を置いて帰る場合は有料のロッカーを借りなければならないということだった。5ユーロ×5日ぐらいだったかな。

 

 

バスで宿まで持って帰ればいいじゃないかと言われたが、バスの時間に縛られるのも嫌なので、結局、ロッカーを借りてみることに。

 

 

地下にあるロッカールーム。毎日、鍵付きのロッカーの中に板とブーツを保管。▼

 


 

 

サーリセルカのスキー場 行き方

 

《徒歩》
宿(ホリデークラブ、サーリセルカインの辺り)からスキー場までの目安は徒歩30分ぐらいかな^^; 歩く速さにもよる。教会の門を曲がるとゲレンデの明かりが見えてくる。

教会の下にある橋。橋の向こうにゲレンデの明かり。▼


明かりを目指して、道路沿いに歩く。▼

 


《バス》
バスを利用する場合は1日5ユーロ。

「ホリデークラブ」前で乗車した場合、「サンタズホテルツンツリ」と「リコンリーナ」を経由して約10分。

詳しくはバスの時刻表で▼

http://www.skisaariselka.com/skibus-timetable-route/

 

 

スキー場の話につづく

 

 

サーリセルカ旅行記-目次

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ