サーリセルカのスキー場-フィンランド旅行記

年末年始、サーリセルカで5日間スキー三昧。極夜のナイターのようなゲレンデ。全面滑走ではなかっけれど、圧雪バーンを満喫しました(*^^*)

 

 

 

サーリセルカ旅行記-目次  

 

 

スキー場のリフト券、レンタルのお話はこちらから▼

 

 

 

私がサーリセルカを訪れた年末年始は1日中、日が昇らない「極夜」。1日中明るい「白夜」は知っていたが、「極夜」という言葉はこの時、初めて聞いた。「きょくや」と読むらしい。

 

 

真っ暗とまではいかないが、それでも、スキー場は朝からライトアップされ、ナイターのよう。

 

向こうの方にゲレンデの明かりが見える▼

滞在中のゲレンデの気温はこんな感じ。▼


1番寒かった日▼

 

 

スキー場の左手の斜面:カウニスパーの丘側

 

斜面は大きくふたつに分かれている。ゲレンデに到着してすぐ左手にある斜面▼

 

左手の斜面へはレンタルショップの近くにあるリフトから上る。ちなみにリフト券は入口の機械に当てて入るタイプ。

 

 

ゲレンデマップ▼ 

 

 

http://www.skisaariselka.com/slopes/#maps
ゲレンデマップ2番のリフト沿いのコースは普通のコースで長さもあって気持ちよく滑れた。きれいな圧雪バーン。基本ココをぐるぐる回す。

 

 

ゲレンデマップ3番から4番に続く斜面はフリースタイルのコースでウェーブ??がいくつも続いていてびっくり。斜度もそれなりにあるのにウェーブだなんて。。スキー仲間には言わないけど、怖くてウェーブの脇を安全運転で下りてきた;^_^A

 

 

そして、慣れてきた頃に気になり始めたのがゲレンデマップ5番の中上急斜面。緩い斜面が続き最後だけ結構急斜面。3ターンで降りられるぐらいの長さだった。雪がいいのか、落ち込みが楽しくて何度も回す。

 

 

年末年始のこの時期、ゲレンデはまだ全面滑走ではなかった。オープンしているコースはレンタルショップで確認していたが、実際行ってみると、中上級コースの始まりがどこなのか、最初は迷った。

 

 

薄暗い上にコースの始まりにクローズを示すロープや案内もない。中上級コースはやはり不整地なのだろうか?!と思いながら、ガタガタのバーンを滑り始める。いや、待てよと思い直して大正解。

 

不整地だと思われる非圧雪バーンこそがクローズ中の印。無理して行かなくてよかった;^_^A 今回オープンしていたバーンは全て圧雪がかかっていた。

 

スキー場の右手の斜面: リフトはTバー

続いて、右手奥の斜面。ゲレンデマップの9から15辺り。右手のコースの方が短いのだけど、意外と人が多く、ファミリーも多い印象。

 

リフトはTバーや円盤型のもの。乗る時はスタッフさんが手伝ってくれる。ひとりじゃ怖くて乗れないので、スタッフが持ち場を離れている時は戻るまで待った。ジェスチャーで手伝ってくれと告げ、手伝ってもらう。

 

 

最初は勝手がわからないので、前の人を真剣に観察。どこで降りるのか、降りる時Tバーはどうするのか。

 

 

Tバーから落ちそうな子ども達が自分の前に並んでいる時は要注意。もたもたしているふりをして子供たちと間隔をあけて乗る。

 

 

案の定、子供たちはTバーから落ちた。笑。やっぱりね!と思った。笑。でも、子どもたちも慣れたもので、すぐさま、リフト沿いから離れてくれたので、子どもに突っ込まずに済んだ;^_^A

 

 

Tバーを降り、振り返るとカウニスパーの丘側のゲレンデが見渡せる。▼

 

 

サーリセルカ そりコース

 

フィンランドのスキー場にはなんと「そりコース」があった!そりコースがあることはネットを見て、行く前から知ってはいたが、まさかこんなに長い滑走が楽しめるとは思ってもみなかった。

 

 

そりのことをフィンランドでは“toboggan ”と言うらしい。覚えておくと便利(*^^*)

 

 

宿からスキー場に歩いて行く際に、教会の近くの橋の辺りにそりコースが見つかる。子どもが楽しそうに滑っているのを見かける。

 


でもこれはそりコースのほんの一部。ゲレンデマップでいうところの1番がそりコース。スタートはゲレンデのリフトを降りたところ。カウニスパーの丘。

 

 

1番のコースを最後まで下りてくると、教会の近くの橋のところに出る。ゲレンデの最後の1本はそりコースでそりで教会まで帰ってくるのもいいかも(*^^*)

 

でもね、この1番のコースは全長1800m。最長2000mを体験するには途中で左折して1.2番のゲレンデに向かうコースを下りてこなければならない。左折したあとはわりと緩やかな斜面が続く。

 

 

ゲレンデに置いてあるそりは無料で自由に使うことができる。リフトは有料だけどそりを持って乗ることができる。

 

 

そり体験のお話はこちら▼  

 

 

サーリセルカ スキー場のレストハウス

 

サーリセルカ ゲレンデの下のレストハウス Pilkku

スキーバーガー。名前につられて注文。▼

 

 

 

 

山頂のレストハウスではWiFiは使えなかったが、下のレストハウスでは無料でWiFiが使えた。

 

https://www.skisaariselka.com/sport-bistro-pilkku/

スキー場の山頂にあるレストハウス「フィップ Huippu」

サーモンスープとワッフルがめちゃくちゃ美味しかったHuippuのお話はこちらから▼

 

 

 

サーリセルカ旅行記-目次

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

投稿者:

ayu

平日はサラリーマン生活、休日は自然の中でのんびり過ごす。 シーズン中は群馬〜長野エリアのゲレンデ、オフシーズンは湘南〜箱根〜伊豆エリアに出没。 自然の中で浸かる温泉も大好き。 年に1度は外国にも行きたい! 今までは遊ぶことに夢中になりがちだったけど、これからは自分にとって本当に大切なものを大事にして生きてゆきたい。そして、世界中を旅して、自然が織り成すbeautiful でwonderful な世界をたくさん体験したい。 詳細プロフィールはコチラ